ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 合葬 』

d0098286_22392920.jpg
公式サイト
2015年 日本
上映時間 87分
監督 小林達夫


腹は決めた。

心は迷っていた。





杉浦日向子さんが大好き
没後10年の今年、続けて2つの作品が映画化され
ファンとしては喜ばしいことながら
『百日紅』はキャラクターデザインに馴染めずパス^^;
杉浦日向子さんの画には日本アニメより
『パリ猫ディノの夜』や『ペルセポリス』みたいな
フランスアニメの方が合ってる気がするのだけれど
さすがにそれは無理な話

それはさておき、こちらは実写

d0098286_22415669.jpg

幕末、将軍と江戸市中を守る為に結成された「彰義隊」
一人は志を持って
一人は流されるままに
そしてもう一人は彼らを止める為に
「彰義隊」に身を置いた三人の若者たちの青春

d0098286_2242391.jpg

ストーリーや台詞はかなり原作に忠実で
キャストも原作のイメージを損なうことはなかった
薄墨を流したような仄暗い映像と
所々に入る(原作にはない)百物語風のエピソードは
杉浦日向子色を強めると同時に
滅びゆく武士の時代に対するメタファーでもあったのかな039.gif

上野戦争のシーンがあまりにもバッサリとカットされていた
(ある意味潔いもと言える)のは残念だったけれど
全体的には悪くないかな...と思っていたら
最後の最後に爆弾が待っていた005.gif

原作のラストはこの話の中で最も美しく大好きなシーンで
それがカットされショックだったこともあるけれど
それより何より、いくら笛の音に誘われたからと言って
あんな色事師の様な真似が出来るほど
極が器用だとは、私にはどうしても思えなくて
思わず砂世の夢オチかと思ってしまった^^;

★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-10-11 22:48 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami