ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落 』

d0098286_21352085.jpg

公式サイト
2012年 アメリカ/オランダ/イギリス/デンマーク
上映時間 100分 
監督 ローレン・グリーンフィールド



金持ちだって楽じゃない!






一代で巨万の富を築いた夫と元ミセス・フロリダの妻が
ベルサイユ宮殿を模した、総工費100億円の夢の邸宅を建築すると言う
壮大なアメリカンドリームを記録するはずが、
リーマンショックにより一転、1200億円の借金を抱える身へと
転落する姿を記録することとなったドキュメンタリー映画

シンプルさを追求した『 365日のシンプルライフ 』と
モノとお金に溢れたこの作品を2本立てにするとは
刈谷日劇さん、いいセンスしてます emoticon-0137-clapping.gif

d0098286_21371210.jpg

ホワイトハウスよりも大きく
テニスコート、プール、スパ、野球場、ボーリング場、
その他考えられる限りの施設を詰め込んだ、
リゾートホテルの様な大豪邸

d0098286_21373082.jpg

大富豪にしては珍しく三男五女と子沢山
一見夫婦仲もとっても良さそうだけれど
転落が始まってからの夫の妻に対する態度がヒドイ emoticon-0121-angry.gif

30歳以上も年下の妻に向かって
「ばあさんとはキスしない」
「(お前と)20歳2二人を交換する」と言い放ち
娘に「パパは見栄えの良い奥さんが欲しかっただけなのよ」
「ママを愛してたらあんな態度取るはずない」と言われる始末

確かに奥さんの金遣いにも問題はあるけれど
超ポジティブで愛情溢れる奥さんの魅力で
この映画はもってるようなものなのに
アンタ、世界中の女を敵にまわしたね emoticon-0141-whew.gif

d0098286_21393612.jpg

ところで、シーゲル一家のその後が気になってググってみたら
この映画の監督を名誉毀損で訴えるも敗訴し
監督の会社に75万ドルを支払うことになったものの
映画の続編にあたるTVショー制作の契約を結び
転んでもタダでは起きない強かさ
それに事業の方も持ち直したらしく
なんだかんだ言って、仕事は出来るエロオヤジなのであるemoticon-0164-cash.gif

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2015-07-25 21:50 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2015-07-25 23:08 x
確かに妻ジャッキーに対する揶揄したモノ言いはブラックすぎるけど
そこを敢えて態度に出さなかった妻は実はかなりの大人なんでしょうかね。
40歳で20歳二人と交換、60歳になったら三人と交換とか
その前に妻が60歳のときのアンタはいくつだよでした(爆)
やけに電気代を気にしてた夫でしたが、犬の糞に関しては
とくに何も言ってなかったですね。
糞の処理(掃除)もやたら適当過ぎて、あの館に招待されても
床に手を付きたくないわ~(爆)

“その後のシーゲル家”そうだったんですか!これは貴重な情報です(笑)
Commented by hasikkoami at 2015-07-26 11:42
★ itukaさん ★

>ジャッキー
もともととても頭のいい人みたいですから、
夫は掌の上で踊らされているだけなのかもしれませんが、
同じ女としては「ふざけんな!このエロジジイ!」でした(爆)

>犬の糞
あれは勘弁して欲しいですね~^^;
経済状態が復活したなら、まずドッグトレーナーを雇って
ワンちゃんたちが決まったところで用を足す用に躾けてもらいたいです。

>“その後のシーゲル家”
でかい口叩くだけあって、やはりデキるエロジジイだったのですね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami