ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 文盲 」

d0098286_21592221.jpg

アゴタ・クリストフ 【著】
堀茂樹 【訳】
白水社(2006/03発売)

世界的ベストセラー『悪童日記』の著者による初めての自伝。祖国ハンガリーを逃れ難民となり、母語ではない「敵語」で書くことを強いられた亡命作家の苦悩と葛藤を描く。

「第三の嘘」のあとがきでアゴタ・クリストフのインタビューを読み
その強烈な人間性にこれは是非とも自伝を読まなくては!となった。
小説同様淡々とした文体で綴られる正味80頁程の自伝は
ゆっくり読んでも1時間とかからないほどの短さなのだが
彼女の生い立ちはまさに『悪童日記』の主人公そのもので
それゆえ彼女の持つ人生観にある意味
『悪童日記』三部作に負けない位の衝撃を受けた。


[PR]
by hasikkoami | 2015-07-15 22:09 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード