ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ハイネケン誘拐の代償 』

d0098286_2141429.jpg
公式サイト
2014年 ベルギー/イギリス/オランダ
上映時間 95分
監督 ダニエル・アルフレッドソン


事件の”裏”で、

いったい何が起きたのか――?





83年に起きたハイネケン誘拐事件については
あ~そんなことあったね~ emoticon-0138-thinking.gif 程度の記憶しかなく
岡本喜八監督の『大誘拐』(大好き )みたいな感じ?
なんて勝手に思っていたのだけれど
さすがにこちらは実話ってことで
奇想天外で痛快な『大誘拐』とは大違いの
いささか地味めの心理劇

d0098286_21432358.jpg

描かれるのは誘拐犯側の視点のみ

予告ではハイネケンが誘拐犯を操るかの様な印象だけれど
実際は誘拐されてもマイペースなハイネケンや
一向に接触して来ない警察を相手に
誘拐犯グループが勝手に疑心暗鬼に陥って自滅して行く感じで
リアルではあるけれど、いささか物足りない

d0098286_21434317.jpg

実話だから勝手に盛るわけにも行かないだろうけれど
折角のアンソニー・ホプキンスがちょっと勿体無い気もする

★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-06-19 21:49 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード