ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男 』

d0098286_19574556.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ/イギリス
上映時間 139分
監督 テイト・テイラー

いまこそ

感じて欲しい、

魂(ソウル)の叫び――。





チャドウィック・ボーズマンのなりきりっぷりがお見事 emoticon-0137-clapping.gif
ジャッキー・ロビンソン(『42』)の紳士然とした佇まいから一転
顔は本家よりかなりイケメンながら
話し方や仕草はそっくりで、とにかくファンキーemoticon-0170-ninja.gif

d0098286_19595623.jpg

JBの破天荒な人生については曲の合間に
フラッシュバック的に挿入される感じなので
ドラマとしては物足りなさを感じるものの
その分ライブシーンは最高 emoticon-0159-music.gif
さすがに歌は吹き替らしいけれど
口パク感は皆無で圧巻のパフォーマンス



この観客並みに(心の中で)盛り上がる私 emoticon-0169-dance.gif

d0098286_2003386.jpg

そしてもう1人の主人公とも言うべき
ボビー・バードとの関係性も興味深く
ラストはまんまと泣かされた

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2015-06-10 20:04 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami