ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 ラスト・ワルツ 」

d0098286_1343124.jpg
柳 広司【著】
KADOKAWA(2015/01発売)

疾走する特急車内、仮面舞踏会、ドイツの映画撮影所—加速する頭脳戦、ついに最高潮へ!世界各国で展開する“究極の騙し合い”に生き残れ。
日本最高峰のスパイ・ミステリ。


毎度の事ながら、これぞエンターテインメント!な面白さ。
ただこのシリーズ(と言うか柳さんの作品全般)って
「キャラの魅力」が「物語の面白さ」を上回っているのが
魅力でもあり、また欠点でもあるような気がする。
ハリウッド映画的な面白さは抜群なのだけれど
個人的にはそれだけでは物足りなく感じてしまう。
[PR]
by hasikkoami | 2015-05-06 13:07 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード