ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 夜は終わらない 」

d0098286_21593120.jpg
星野 智幸【著】
講談社(2014/05発売)

婚約者が自殺したとの一報が入った玲緒奈。しかし彼女には、次に殺さなくてはならない別の婚約者がいた。セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去るのが日常の玲緒奈には不思議な掟があるのだった。


てっきり数年前話題になった首都圏連続不審死事件を基にした作品なのかと思ったら、
まさかの現代版「千夜一夜物語」。
男たちが命乞いの為に女に話す物語は身の上話風のものから次々に枝分かれして行き、
現実なのか創作なのか、誰の物語で、聞き手は誰なのかさえも曖昧になる。
翻弄されるとはまさにこう言うことを言うのだろう。
ただ、あえて首都圏連続不審死事件の設定にする必要はあまり感じられなかった。
[PR]
by hasikkoami | 2014-11-08 21:59 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード