ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 去年の冬、きみと別れ 」

d0098286_2011925.jpg
中村 文則【著】
幻冬舎(2013/09発売)

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ込まれていく「僕」。そもそも、彼はなぜ事件を起こしたのか?それは本当に殺人だったのか?

中村さんの作品にしてはちょっと薄味だなぁ・・・
と思ったら2014年本屋大賞10位だったのね。なるほど、だからか~!
だって私、本屋大賞とはあまり相性が良くないのよねぇ+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン
[PR]
by hasikkoami | 2014-11-07 20:14 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami