ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間映画鑑賞   <10月>


10月はバラエティに富んでる割には、これ!と言う作品がなかった。



『 バトル・オブ・ライジング コールハースの戦い 』     <WOWOW> 
    2013年/フランス/ドイツ/122分   【監督】アルノー・ドゥ・パリエール
不当な理由で妻を殺された馬商人の復讐と反逆の戦い
タイトルから勝手に歴史エンタメアクション(そんなジャンルあるのか知らないが)かと思ったら、
とてつもなく文芸的な香りのする静かな作品で、観た時たまたま疲れていた所為もあり(言い訳)
途中何度もうつらうつらしてしまい、観終わるのに3日もかかってしまった^^;
・・・★★☆
『 ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 』     <WOWOW> 
    2012年/ロシア/105分   【監督】カレン・シャフナザーロフ
第二次世界大戦中、ドイツ軍の最強戦車“ホワイトタイガー”と戦うことになったロシア軍の戦車兵
何とも不思議な戦争映画。
『 オーガストウォーズ 』 もそうだけど、ロシアって戦争映画に
ファンタジーや比喩的な表現をプラスするのが好きなのだろうか。
・・・★★★☆
『 ビューティフル・ダイ 』     <WOWOW> 
    2010年/アメリカ/88分   【監督】アダム・ウィンガード
『サプライズ』のA・ウィンガード監督がその前年に手がけたバイオレンススリラー
『サプライズ』が爆笑(?)ホラーだったのでこれもそうなのかと思いきや
意外にも泣ける(?)作品でびっくり!
泣けるって一体どこがー!?と言われるかもしれないが、
少なくとも私にはとても哀しい物語に思えた。
・・・★★★★
『 殺人の告白 』     <WOWOW> 
    2012年/韓国/120分   【監督】チョン・ビョンギル
世間を震撼させた連続殺人事件の犯人が時効成立後に手記を発表しベストセラーに・・・
面白かったのだけれど、ラストがどうにも気に入らない。
やっぱ私は「人を呪わば穴二つ」だと思うのよ。
・・・★★★
『 ミッドナイト・ガイズ 』     <WOWOW> 
    2012年/アメリカ/95分   【監督】フィッシャー・スティーヴンス
長い歳月を経て再会した老ギャングたちの一夜
名優3人の競演ってだけでも観る価値十分。
『明日に向って撃て!』なラストがベタだけどいい。
・・・★★★☆
『 ザ・ファイブ-選ばれた復讐者- 』     <WOWOW> 
    2013年/韓国/124分   【監督】チョン・ヨンシク
家族を殺され、車椅子の身となった女の復讐劇
これでもか!ってくらい韓国テイストな作品。
復讐の為だけに生きてると言う設定に真実味を持たせるのが難しい今の時代でも
韓国映画なら、それもありかも...と思ってしまう。
・・・★★★
『 チチを撮りに 』     <WOWOW> 
    2012年/日本/74分   【監督】中野量太
離婚した父が危篤と聞き、母の頼みで死にゆく父の顔を写真に撮りに行く姉妹
これは思わぬ拾い物。
火葬場へ行く前のシーンで泣かせておいて、火葬場では爆笑wwって上手いなぁ。
・・・★★★☆
『 私が愛した大統領 』     <WOWOW> 
    2012年/イギリス/95分   【監督】ロジャー・ミッチェル
第32代アメリカ大統領F・D・ルーズベルトの知られざる素顔
この時代には良くある話なんだろうなぁ...とは思うものの
それ以上でも以下でもなく、何となく中途半端な印象。
・・・★★☆
『 オン・ザ・ロード 』     <WOWOW> 
    2012年/フランス/ブラジル/140分  【監督】ウォルター・サレス
自由を求めてアメリカを旅する若者たちの姿を描く青春ロードムービー
私は自分には決して出来ないと解っているからこそ、こういう刹那的な青春ものに憧れる。
・・・★★★☆
『 もうひとりの息子 』     <WOWOW> 
    2012年/フランス/106分   【監督】ロレーヌ・レヴィ
イスラエルとパレスチナ、新生児の取り違えによって2つの家族の苦悩
観る前はさぞや重い作品なのだろうと思っていたが、意外にもさらりとして優しい後味の作品だった。
・・・★★★★
『 バーニー/みんなが愛した殺人者 』     <WOWOW> 
    2011年/アメリカ/100分   【監督】リチャード・リンクレイター
テキサスの町で実際に起きた奇妙な殺人事件の顛末
フェイクドキュメンタリー形式の作品でまあまあ面白かった。
・・・★★★
『 スーサイド・ショップ 』     <WOWOW> 
    2012年/フランス/ベルギー/カナダ/80分  【監督】パトリス・ルコント
確実に死ねる品を取りそろえた自殺用品専門店を舞台にしたダークファンタジー
冒頭のダークな世界観や雰囲気は好きなんだけど徐々に退屈になってきて
80分と言う時間にもかかわらず長く感じてしまった。
・・・★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-10-31 19:04 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami