ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 テロ,ライブ 』

d0098286_2058121.jpg
公式サイト
2013年 韓国
上映時間 98分
監督 キム・ビョンウ


犯人逮捕か、

視聴率か!?





全編をほぼリアルタイムで描く緊張感と
ハリウッド並みの迫力あるCGシーンで最後までダレることなく観られる
(パワーはあるけど緻密さに欠ける韓国映画らしく突っ込みどころは多々あれど)
エンタメ要素たっぷりのサスペンス

d0098286_11115414.jpg

ただ犯人の動機や何故“彼”なのか?と言う理由が弱いので
その行為について理解は出来ても共感するまでには至らず
ラストの“彼”の決断もやり過ぎ感は否めないし
政府やマスメディアを腐敗しきった存在としてのみ描いているのも
それだけ韓国国民のそれらに対する不信感や怒りが強いと言う事の表れなのだろうが
お気楽な日本人の私は、少し位希望や救いがあってもよかったのになぁ...と思ってしまった

d0098286_11121347.jpg


★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-10-24 21:02 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2014-10-25 00:46 x
主人公目線で最後まで突っ走ったことで、よりリアルな感じでした。
落ち目のキャスターってところがミソで、これ実際に自分だったら
同じ行動取ったかもしれません。
でも、この映画を見たことで、悔い改めることができそうです(爆)

ラスト、これぞ韓国映画!とでも言うかのように見事な演出でしたね!
と、言いたかったですよ。国会議事堂に気づいていたらの話ですが(爆)
Commented by hasikkoami at 2014-10-25 21:26
★itukaさん、
>主人公目線で最後まで突っ走ったことで、よりリアルな感じ
ユンファの焦りや恐怖は凄く伝わってきたので
最後まで共感出来なかったのが返す返すも残念です^^;
98分と言う長さは緊張感を持続するには最適ですが
登場人物たちの内面を描くにはやはり難しいのかもしれませんね。

>ラスト、これぞ韓国映画!
まさにこのやり過ぎ感が韓国映画ですよね。
同じく「国会議事堂に気づいていたら」の話ですが(爆)
名前
URL
削除用パスワード