ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間映画鑑賞   <9月>


これにて劇場、お茶の間共に、9月鑑賞分がようやく終了~ε=( ̄。 ̄;)フゥ



『 フィフス・シーズン~春の来ない村 』     <WOWOW> 
    2012年/ベルギー/オランダ/フランス/94分  【監督】ピーター・ブロッセン
ベルギーの小さな村に暮らす人々が極貧の生活に陥っていく様
とても恐ろしくて、不気味で、残酷で、でも美しく、どこかユーモラスでもある
何とも不思議な作品。
・・・★★★★
『 嘆きのピエタ 』     <WOWOW> 
    2012年/韓国/104分   【監督】キム・ギドク
孤独で非情な青年とその母親を名乗る女性が織り成す愛憎劇
『悪い男』への原点回帰のようでもあり、その進化系のようでもあるラストに鳥肌。
やはりキム・ギドクは凄い。
・・・★★★★★ 
『 眠れる美女 』     <WOWOW> 
    2012年/イタリア/フランス/116分   【監督】マルコ・ベロッキオ
イタリアで実際に起きた尊厳死をめぐる事件を基にした人間ドラマ
自分には延命措置はして欲しくないと思い家族にもそう伝えてあるが
家族の誰かがその状況になった場合、どういう措置をとるかは
正直その時になってみないと分からない。
・・・★★★
『 ブルーノのしあわせガイド 』     <WOWOW> 
    2011年/イタリア/97分   【監督】フランチェスコ・ブルーニ
気ままな独身生活を謳歌していた中年男が
突然存在を知らされた自分の息子と共同生活をすることになるが・・・

作品的にはそこそこ面白かったけれど、
邦題の“ しあわせガイド”ってのが意味わからん^^;
・・・★★★
『 クスクス粒の秘密 』     <WOWOW> 
    2007年/フランス/154分   【監督】アブデラティフ・ケシシュ
古い船を改造してクスクス料理の船上レストランを開こうとするチュニジア移民の男
『アデル、 ブルーは熱い色』もそうだけど
アブデラティフ・ケシシュ監督の作品って、これでもか!って位濃厚。
・・・★★★
『 ある海辺の詩人-小さなヴェニスで- 』     <WOWOW> 
    2011年/イタリア/フランス/98分   【監督】アンドレア・セグレ
異国の地イタリアで出会った中国人女性と旧ユーゴスラビア移民の老漁師の交流
地味で淡々としているけれど、美しくて切ない、とてもいい作品だった。
主演の出稼ぎの中国人女性を演じたチャオ・タオが凄くいい。
・・★★★★
『 海と大陸 』     <WOWOW> 
  2011年/イタリア/フランス/94分   【監督】エマヌエーレ・クリアレーゼ
イタリア南部の小さな島で代々漁業を営んできた一家が直面する苦難
これまた地味ながらしみじみと感動する作品。
・・・★★★☆
『 ビザンチウム 』     <WOWOW> 
    2012年/イギリス/アイルランド/119分   【監督】ニール・ジョーダン
海辺の寂れた保養地に流れ着いた謎めいた美少女
惜しいなぁ。。。
キャストは皆雰囲気のある素敵な人たちばかりなんだけどねぇ。
・・・★★☆
『 ブロークン 』     <WOWOW> 
    2012年/イギリス/91分   【監督】ルーファス・ノリス
ある家族の父親の誤解から起こる“憎しみと暴力の連鎖”
とても痛々しくて哀しい話なのに不思議な清々しさを感じる作品。
主役のエロイーズ・ローレンスが兎に角素晴らしくて
監督のルーファス・ノリスと共に今後の作品が凄く楽しみ。
・・・★★★★
『 ヴィクトル・ユゴー 笑う男 』     <WOWOW> 
    2012年/フランス/チェコ/94分   【監督】ジャン=ピエール・アメリス
文豪ヴィクトル・ユーゴーの古典小説「笑う男」の映画化
原作は当然ながら未読。
もっと文学文学しているのかと思ったら意外とエンタメ要素が強かった。
・・・★★★
『 フローズン・グラウンド 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/106分   【監督】スコット・ウォーカー
1980年代にアメリカで起こった実際の連続猟奇殺人事件の映画化
今やすっかりB級アクション専門俳優となってしまったN.ケイジと
その後継者となりそうな(おい)ジョンキューの競演。
久々に終始一貫真面目なニックを見た気がする(笑)
・・・★★☆
『 サイド・エフェクト 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/106分   【監督】スティーヴン・ソダーバーグ
鬱病に悩む女性に担当医となった精神科医は新薬を投与する
一事不再理ものはよくあるけれど、これはまんまと騙された。
これはもうキャスティングの勝利と言えるのではないだろうか。
・・・★★★☆
『 サプライズ 』     <WOWOW> 
    2011年/アメリカ/95分   【監督】アダム・ウィンガード
両親の結婚35周年を祝う晩餐の席に謎の覆面集団が出現、宴は一転惨劇へ
え~っと、これはコメディってことでいいのでしょうか?
ラスト爆笑だったんですけど(笑)
・・・★★★
『 ザ・コール 緊急通報指令室 』     <WOWOW> 
    2013年/アメリカ/94分    【監督】ブラッド・アンダーソン
誘拐された少女からの緊急通報を受けたオペレーターによる電話越しの救出劇
個人的には最後まで緊急通報指令室からの電話のみで展開して欲しかった。
・・・★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-10-14 21:48 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。