ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 her 世界でひとつの彼女 』

d0098286_1775025.jpg
公式サイト
2013年 アメリカ
上映時間 126分
監督 スパイク・ジョーンズ

人生にときめく、AI(人工知能)。

声だけの君と出会って、

世界が輝いた。





その昔『ナイトライダー』のキットに心ときめかせた身としては
サマンサに恋をするセオドアの気持ちは凄くわかる
しかし機械相手の恋愛にまで肉体関係を求める感覚は理解不能
これは肉体(実体)の伴わない恋愛は本物ではないということなのか
それとも単なる男女間の感覚の相違なのだろうか

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-10-05 17:09 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2014-10-10 23:44 x
機械に肉体関係を求めるのはダメ元覚悟のことでしょうけど
男は結局はそこまで行かなくても、相手を実像化させたいことで頭がいっぱいなのかもしれません。
『ZULU』のウィテカーさんも、出来なくても背中触ってましたからね~(笑)
Commented by hasikkoami at 2014-10-11 19:17
★itukaさん、
>男は結局はそこまで行かなくても、相手を実像化させたい
なるほど~!
女(少なくとも私)はそれが虚像であるからこそ憧れているような気がします。
これは大きな違いですね。

>『ZULU』のウィテカーさんも、出来なくても背中触ってましたから
私から見ればあれって余計辛いのではないかと思っちゃうんですけどね^^;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami