ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間 』

d0098286_1183147.jpg
公式サイト
2013年 アメリカ
上映時間 93分
監督 ピーター・ランデズマン


事件に関わったものだけが知る

驚きの真実が、今明かされる。






アメリカ人てホント、ケネディ物好きよね
これまでにどれだけの映画やドキュメンタリーが作られたのかは分からないけれど
結局いつまで経っても真相は藪の中なのに(と言いつつ私も見てしまうのだけれど)

本作は事件の中心人物ではなくその周りの人々
これまであまり描かれることのなかった
言わば脇役たちの視点で描かれた群像劇と言う点が新鮮で興味深い

d0098286_1110897.jpg

狙撃後の目まぐるしいカメラワークは
その場の混乱と動揺がそのまま伝わってくるよう

d0098286_11103372.jpg

印象的だったのは狙撃犯オズワルドの兄ロバート
あまりにも善良な一市民で、彼のその後の人生を思うと本当に気の毒でならない
母マーゲリートも別の意味で強烈だった

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-08-10 11:16 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2014-08-10 19:32 x
あの時代の最先端だったスーパー8で撮ったフィルムのやりとりから
撮った本人がその後トラウマになってしまったことなど踏まえ
過去のケネディ映画では見たことなかった内容に大満足でした。

オズワルド兄が生涯町を出なかったことで誹謗中傷・バッシングも相当なモノだったんでしょうね。
ワタシだったら即行でとんずらしそうです(笑)

あと、母マーゲリートのフィギュアが欲しいかも(おい)
Commented by hasikkoami at 2014-08-10 19:52
★itukaさん、
狙撃シーンのフィルムはこれまで何度も見てきましたが
それを撮った人のその後の人生まではこれまで考えたことがありませんでした。
彼がLIFE誌に「その瞬間」の写真を載せないでくれと言ったのも印象的でした。

>オズワルド兄が生涯町を出なかった
本当に凄い覚悟がいったでしょうね。
私が彼の妻だったら即離婚して子供もろとも名前を変えますよ(笑)

>母マーゲリートのフィギュアが欲しい
そうそう!itukaさんは彼女がお気に入りなんですよね!
中々面白い趣味をお持ちですね(爆)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami