ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 捨てる女 」

d0098286_21362169.jpg
内澤旬子【著】
本の雑誌社(2013/11発売)
なんでも貰う拾う集める貯める暮らしから、捨て暮らしに一転したあたしの人生。
捨てるものがなくなったそのとき、雲水のごとく自在になるのか、
それとも真っ白い灰になって燃え尽きるのか、さっぱりわからないまま、
今はとにかく捨て続けるしかないのでありました


物を捨てるということは、自分のそれまでの人生や価値感を捨てることでもあるわけで
それは要するに過去の自分を捨てるってことで...
そう考えると、それがたとえ世間で言うところの思い出の品だろうと
何の躊躇もなく捨てられる私が本当に捨てたいのは自分自身なのかもしれないなぁ...
なんて哲学的(どこがだよ)なことを考えてしまった。
[PR]
by hasikkoami | 2014-07-11 21:38 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。