ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 メトロ42 』

d0098286_20584143.jpg
公式サイト
2013年 ロシア
上映時間 132分
監督 アントン・メゲルディチェフ


ハリウッド上等!!!
ロシアが国家総力を挙げて
25年ぶりに製作する
パニック映画超大作!!





パニック映画はハリウッドに任せときゃいいのに・・・と思いつつ
実は戦争映画の秀作だった『 オーガストウォーズ 』の例もあるし
愛知での上映はここだけ、と言う希少価値感も手伝って観に行ったが
スクリーンで観るのに相応しい迫力満点の作品だった

d0098286_2105312.jpg
冒頭、地下鉄トンネル内の壁の亀裂が徐々に広がって行く緊迫感と
やがて雪崩れ込んでくる水の凄まじい迫力に圧倒される

それに地下鉄のコントロールルームの
「一体何時の時代だよ!」と突っ込みたくなるレトロ感とか

被害の拡大を防ぐ為なら

生存者がいようがいまいが
地下鉄一区間まるごと
液体窒素で固めて封印してまえー!


と言う政府の判断には
ロシアなら本当やりかねないよね~と言うリアルな怖さも(笑)

「グランド・ホテル形式」の群像劇で
極限状態における淡い恋の芽生えや不倫劇などの人間模様も楽しめる

d0098286_211565.jpg
不倫のお相手は若きプーチン(嘘です)

まさにパニック映画の王道を行く作品

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-07-06 21:13 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ぺろんぱ at 2014-07-08 19:02 x
こんばんは。

『ブルージャスミン』は「いつかの課題作」リストに入れていますが、amiさんのレヴューを拝読してなお一層「観るぞ!」意欲が高まりました。(*^_^*)

さて本作。
ご掲出の画、たしかにド迫力ですね。スクリーンで観たら心臓がバクバクしそうです。でもその下の「生存者がいようがいまいが・・・封印・・・」の3行にはバクバク通り越してPCの前で凍りつきました~(ホント、あり得るだけに怖い ^_^;)。

「群像劇」というのは興味ありますね。
DVDなら心臓バクバク感は少ないかもしれませんが、タイトル、しかとインプットしました!


Commented by hasikkoami at 2014-07-08 22:30
★ぺろんぱさん、
>『ブルージャスミン』
ウディ・アレンの作品は登場人物のダメっぷりが面白さでもありますが
今回はジャスミンをはじめ登場人物のほとんどがダメダメな
まさにウディ・アレン節炸裂の作品で
ケイト・ブランシェットも本当に素晴らしいので是非「いつか」ご覧になって下さいね。

さてこちらの作品は上映館も少なくほとんど話題になっていませんが
なかなかどうして、とても見応えのある作品でしたよ。
もともと群像劇好きなのでそれもまた楽しめた要因だと思います。

>液体窒素封印作戦
ハリウッドの作品なら「そんなバカな~ww」と突っ込むところですが
「ロシアならやるね、うん」と思ってしまうところが凄いですよね^^;
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami