ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 アルモニカ・ディアボリカ 」

d0098286_22151283.jpg
皆川 博子【著】
早川書房(2013/12発売)
十八世紀英国で起きた解剖教室をめぐる事件から五年後、
教室の元弟子たちと盲目の判事は、
天使のような死体に記された暗号の謎を追う。
『開かせていただき光栄です』続篇


前作「開かせていただき光栄です」が大変面白かったのでこれも楽しみにしていた。
作品としては面白かったのだが、前作の様なユーモアと軽やかさは影を潜め
全体的に重く暗い雰囲気に。ラストも何ともやるせない。
[PR]
by hasikkoami | 2014-06-25 22:30 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード