ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 チョコレートドーナツ 』

d0098286_21314539.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ
上映時間 97分
監督 トラヴィス・ファイン

僕たちは忘れない。

ぽっかりと空いた心の穴が

愛で満たされた日々――。




障碍者を題材にした映画で泣くのって何か安っぽい気がして嫌だ
偏見とかじゃないですよ
うちにも一人いますから
障碍と言うにはおこがましいレベルのアスペですけどね
まあ、そんな関係もあってダウン症の子達や
他の知的障害を持った子達もそれなりに見てきたので余計泣きたくないと言うか・・・

だけどこれは泣きました
泣ける=いい映画だとは思わないけれど
観ている時より観終わった後の方が泣けるのはいい作品って気がする

・・・ってことで今も涙腺決壊中(TT)

そして何よりこの作品、アラン・カミングが最高
彼が演じるルディはまるで聖母のようで、愛とは何かを深く考えさせられる

d0098286_2051087.jpg

ラストで彼が歌うボブ・ディランの “ I shall be releast”の一節
「ANY DAY NOW(今すぐに)」はこの作品のタイトルにもなっていて
アラン・カミングの熱唱と共に強く心を揺さぶる

★★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-06-24 20:06 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami