ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ワレサ 連帯の男 』

d0098286_2344315.jpg
公式サイト
2013年 ポーランド
上映時間 124分
監督 アンジェイ・ワイダ


時に君たちは、

自由のために闘わなければならない





「東欧民主化」の口火となったポーランドのグダンスクにおける
共産圏初の自主管理労組「連帯」の初代委員長であり
ノーベル平和賞受賞者のレフ・ワレサ元大統領とその家族の物語

同じくグダンスク・レーニン造船所の労働者をテーマにした
『大理石の男』『鉄の男』は遥か昔に観た記憶はあるものの
ポーランドの民主化やワレサ元大統領についてはほとんど知らないし
内容が内容だけに地味で堅苦しい作品なのだろうと思っていたのだが
当時のポーランドの世情を表したロックミュージックやテンポよく挿入される記録映像
家庭人としてのワレサ氏と彼を支える家族の姿によってとても観易い作品になっていた

d0098286_2372486.jpg
美人でしっかり者の奥さんがまた素晴らしいのよ

公安に連行される度に腕時計と指輪を外し
「(自分が)戻らなければこれを売れ」と妻に託すワレサに
「指導者の本質とは内にも外にも腹をくくることだ」と言った彼の覚悟を感じ
ノーベル平和賞の受賞者として米国議会で演説を行う際に初めて
その腕時計と指輪を妻から付けてもらうシーンが印象的だった

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-06-07 23:11 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami