ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 マンデラ 自由への長い道 』

d0098286_2114163.jpg
公式サイト
2013年 イギリス/南アフリカ
上映時間 146分
監督 ジャスティン・チャドウィック


その死を悼むだけでは、

あなたの世界は変わらない。






穏やかな笑顔の聖人君子

これが私がこれまでマンデラ氏に対して抱いていたイメージ

しかしこの作品の若かりし頃のマンデラ氏は

派手好き、女に手が早い、家庭を顧みない、浮気する、妻に手を上げる

と聖人のイメージからは程遠くちょっとびっくり

収監直後には刑務官への怒りをあらわにする彼を仲間がいさめるシーンもあり
27年間の投獄生活がいかに彼を変えて行ったかがうかがえるものの
その偉大さを物語る数々のエピソードについてはほとんど描かれていない為
『マンデラの名もなき看守』に比べるといささか物足りない気もするけれど
聖人視されることに抵抗感を持っていたとされるマンデラ氏の等身大の姿を垣間見ることで
改めてその偉大さを感じることが出来るのかもしれない。

★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-06-03 21:08 | 映画館 | Comments(2)
Commented by mariyon at 2014-06-05 22:29 x
ほんとに、知っているのは名前だけだったと認識しました。
マンデラ氏って、暴力を嫌い、決して激高せずなんて思ってましたから・・・。
そして、奥さんの戦いなんてのも全く知らず。
それにしても、幼い子供を残して、奥さんまで収監されていたとは。
たしかに、聖人君子の物語ではなかったです。
Commented by hasikkoami at 2014-06-07 21:22
★mariyonさん、
>マンデラ氏って、暴力を嫌い、決して激高せず
少なくとも日本ではそう思っている人がほとんどなのではないでしょうか。
奥さんまで収監されていたとは驚きでした。
綺麗な部分ばかりでなく人間として弱い部分もきちんと描いている
誠実な作品だったと思います。
名前
URL
削除用パスワード