ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 シークレット・チルドレン 』

d0098286_19201661.jpg
公式サイト
2014年 アメリカ/日本
上映時間 103分
監督 中島央


「生き残るため」の未来は

彼らに託された





人口の減少を補う目的で創られた
「シークレット・チルドレン」と呼ばれるクローンと人間が共存する世界で
政権交代により誕生した新大統領が掲げた「クローン廃絶運動」により
迫害され追い詰められて行くクローンの姿を描く近未来SF

d0098286_19212456.jpg

青を基調とした映像や哀愁を帯びた音楽など雰囲気は悪くないが
新大統領によるプロパガンダ演説やクローンたちの潜伏生活はホロコーストを
「クローン監視委員会」は星新一の「生活維持省」をそれぞれ彷彿させ二番煎じ感は否めない

クローンが創り出された背景や、廃絶しようとする理由も曖昧で説得力がなく
私にはあのラストも監督が言うような「未来への希望」だとは思えなかった

★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-05-18 19:28 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2014-05-19 21:37 x
5月は新作映画が不作です^^;
観たい映画は遠い映画館だし困ったものです(笑)
ワタクシ、そちらに住んでいたなら『MAMA』と『ゾンビサッカー』(笑)は即行観るのにー!^^

あ、本作品は地元でやってるけどスルーする決心付きました(爆)
Commented by hasikkoami at 2014-05-20 23:03
★itukaさん、
世界観は悪くないですし、低予算ながら頑張っているとは思うのですが、
このシーンどこかで見たような・・・と思う部分が多く残念でした。
スルーしても問題ないかと思いますよ(爆)


>『MAMA』と『ゾンビサッカー』
『MAMA』は初日から夜1回のみの1週間限でおまけにブルーレイ上映だったので即諦めましたが
『ゾンビサッカー』は悩んだ挙句結局『8月の家族たち』を選びました。
ある意味メリルはゾンビ以上の恐ろしさでしたが(笑)
名前
URL
削除用パスワード