ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 名もなき人たちのテーブル 」

d0098286_2148040.jpg
マイケル・オンダーチェ/著 田栗美奈子/訳
作品社(2013/08発売)


11歳の少年の、故国からイギリスへの3週間の船旅。
それは彼らの人生を、大きく変えるものだった。


装丁の美しさに一目ぼれして思わず手にしたが、
内容もそれに負けない素晴らしいものだった。

決して華美ではないけれど、詩的で叙情的な文体で語られる
一人の少年の成長と、彼と携わった人たちの人生の一端は
たった21日間の出来事とは思えないほど濃密で奥深く、
まさにこの装丁の海の色の様。
[PR]
by hasikkoami | 2014-03-10 21:13 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami