ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「 居心地の悪い部屋 」

d0098286_2392455.jpg
ブライアン・エヴンソン/〔ほか著〕岸本佐知子/編訳
角川書店 (2012年03月)

うっすらと不安な奇想、耐えがたい緊迫感、途方に暮れる心細さ、
あの、何ともいたたまれない感じ―。
心に深く刻まれる異形の輝きを放つ短編を集めたアンソロジー。


まさに“居心地の悪い ”としか言いようの無いお話ばかりを集めた短編集。
一つ目の話『ヘベはジャリを殺す』の1行目からしてすでに普通じゃない。

だって・・・

ジャリのまぶたを縫い合わせてしまうと、
ヘベはそこから先どうしていいかわからなくなった


・・・だもの(笑)

兎に角、全編背中がゾワゾワすると言うか、肌が粟立つと言うか、
恐怖だけでもない、何ともイヤ~な感じが延々と続くお話ばかり。

それなのに面白くてたまらないんだから、ホント困ったものだわ(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2014-03-09 10:42 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami