ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 オンリー・ゴッド 』

d0098286_1934544.jpg
公式サイト
2013年 デンマーク/フランス
上映時間 90分
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン



その復讐は 神への挑戦






『ドライヴ』でレフン監督に興味を持ち、
その後遡る形で彼の日本未公開作品を含む長編映画作品全てを観た。
そうすると『ドライヴ』が彼の作品の中でも少し毛色の違う作品であることがわかる。

まず『ドライヴ』だけに原作があり、脚本はホセイン・アミニ。(他は全てレフン監督の脚本)
そしてこのホセイン・アミニ氏、『ドライヴ』の後に手がけた作品が
『47RONIN』と『スノーホワイト』と言う(どちらも未見ですが)
とってもエンタメ性の強い作家さんのようで、つまりはレフン監督とは全く違うタイプ。
だからこそレフン作品としては万人向けの『ドライヴ』が出来たのかも。

対して本作はレフン監督自身がこれまでの集大成と言っているように
『プッシャー』 シリーズのような裏社会を舞台に
『Fear X』 の夢と現の狭間を彷徨う感覚や
『ヴァルハラ・ライジング 』 の暴力性や精神世界をより強く押し出したカルト作。

『ドライヴ』派にしてみれば なんじゃこりゃぁああああ!!!だろうが
『ヴァルハラ・ライジング 』派にはかなり好みの作品なのではないかと思う。
(ちなみに私はヴァルハラ派)

d0098286_19373965.png

撮影は 『Fear X』 『ブロンソン』 のラリー・スミス

d0098286_1937539.jpg

漆黒の中から浮かび上がる光と原色のコントラストに目が眩み

地鳴りのような効果音が脳と体を痺れさせ

じわじわと蝕まれる様に、悪夢の中へと沈んで行く


レフン監督曰く

創造性にとって一番の敵は趣味が良い事、
二番目は安全である事


確かに、とても悪趣味で危険な作品であることは間違いない。

★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2014-02-28 19:48 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2014-02-28 21:42 x
すばらしい!このレビューは相当ハイレベルだと伝わってきます。
レフン監督の世界観は『ドライヴ』観ただけでは理解できないということと
あの作品だけ彼にとっては異質なモノであることがよく分かりました!

>レフン監督曰く

この後のamiさんのシニカルな文章に大爆笑!(爆)
思わず、上手い!やられた感で唸っちゃいましたよ!(笑)

BD購入した暁には歌詞だけ教えてくださいね(爆)
Commented by hasikkoami at 2014-03-01 08:17
★itukaさん、
日本ではほとんどの方が『ドライヴ』で初めてレフン監督を知った(もちろん私も)
でしょうから、あの手の作品を期待するのは当然で、それに対する今回の仕打ち!
全くレフン監督何すんだ!?って感じでしょうね(爆)

で、これまた何かで読んだのですが・・・
レフン監督が大ファンであるカルト映画の巨匠ホドロフスキー監督が
『ドライヴ』が評価されメジャーな仕事を引き受けるようになったレフン監督に苦言を呈したらしく、レフン監督としてはこりゃヤバイ!と本来の姿に戻って、この作品をホドロフスキー監督に捧げたのかもしれませんね(笑)

>BD購入した暁には歌詞だけ教えて
はい、もちろん!カラオケ特集記事立てますよ!(嘘)
Commented by ituka at 2014-03-01 19:10 x
どもです!
いやー、実に奥の深いマニアックな領域のネタを教えて頂いて感謝してます。

あ、それから、ワタクシ致命的なミスを犯してしまいました。

“創造性にとって一番は趣味が良い事、二番目は安全である事”
↑のレフン監督の仕事に対する考えで「の敵は」をすっ飛ばしていました。

amiさんが一瞬???となってる姿想像して、アチャー!となりました。
お騒がせしてすみません(笑)



Commented by hasikkoami at 2014-03-01 23:01
★itukaさん、
>「の敵は」をすっ飛ばしていました。
ああ!それで「シニカル」とあったわけですね!
私はシニカルにしたつもりはないけど、お褒め頂いたんだからいっか~♪
と思ってました(爆)

わざわざ訂正にいらしてくださるなんて、感激です(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。