ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ある愛へと続く旅 』

d0098286_223127100.jpg
公式サイト
2012年 イタリア/スペイン
上映時間 129分
監督 セルジオ・カステリット

愛した記憶を巡って――

いま真実(ほんとう)の

あなたに会いにゆく




事前情報を一切入れていなかった為、タイトルとポスターから想像して
「シリアスなラブストーリーなのだろう」程度に思っていたのだが
ボスニア紛争ものだったのね。。。

ボスニア紛争を題材にした作品はこれまでにも幾つか観たことがあるけれど
観る度、人間の愚かさや残酷さを思い知らされる。
本作の中にも「人間であることが恥ずかしい」と言う台詞が出てくるが
自分もそんな人間の一人なのだと言う事実が重く心に圧し掛かる。

d0098286_2233991.jpg

情熱的な20代から白髪交じりの40代までを演じたペネロペ・クルスも素晴らしいが
アスカ役のサーデット・アクソイも実にいい。
セミフ・カプランオール監督の 『ミルク』 『卵』
カメン・カレフ監督の 『ソフィアの夜明け』 でもとても印象的だったが
これでますます気になる女優さんになった。

★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2014-01-30 22:33 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami