ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <11・12月>


胸焼けするくらい香港ノワール尽くし。



『 トガニ 幼き瞳の告発 』     <WOWOW> ★★★★
     2011年/韓国  【監督】ファン・ドンヒョク
韓国の聴覚障害者学校で実際に起きた性的虐待事件を基にした社会派ドラマ
校長役の人が映画公開後暫く家から出られなかったと聞いたがそれもそのはず。
俳優さんたちの演技が真に迫り過ぎていて怖いくらい。
『 フライペーパー! 史上最低の銀行強盗』     <WOWOW> ★★★☆
     2011年/アメリカ/ドイツ    【監督】ロブ・ミンコフ
ある銀行で2組の銀行強盗が鉢合わせするコミカル犯罪サスペンス
これは意外な拾い物、と思ったら脚本がジョン・ルーカス&スコット・ムーアの
『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』コンビだったのね。
このコンビ『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』も案外面白かったし要チェックかも。
『 チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ 』     <WOWOW> ★★★☆
     2011年/フランス/ドイツ/ベルギー   【監督】マルジャン・サトラピ
大切な愛器を妻に壊され、死ぬことを決意した天才バイオリニストの脳裏に去来するさまざまな想い
映像も構成も凄く好みだけれど、あまりにも切な過ぎて辛い。。。
『 ビースト・ストーカー/証人 』     <WOWOW> ★★★☆
     2008年/香港   【監督】ダンテ・ラム
心に十字架を背負った刑事と少女誘拐犯の壮絶な戦い
主演はニコラス・ツェーだけど、兎に角にもニック・チョン。
ニック・チョンがひたすら怖い。でもってニック・チョンがひたすら切ない。
『 やがて哀しき復讐者 』     <WOWOW> ★★★
     2011年/中国/香港   【監督】ロー・ウィンチョン
娘を誘拐され殺された父親が誘拐に係わった人間を自らの手で処刑して行く
無常観いっぱいの哀しい復讐劇。
『 盗聴犯~死のインサイダー取引~ 』     <WOWOW> ★★★☆
     2009年/香港   【監督】アラン・マック
不正な株取引を監視中の刑事たちが、
盗聴で得たインサイダー情報を悪用して自らも悪の深みにはまっていくさま

自業自得とは言えあまりにも悲惨な展開にお口あんぐり。
『 盗聴犯~狙われたブローカー~ 』     <WOWOW> ★★★
     2011年/香港   【監督】アラン・マック
「盗聴犯~死のインサイダー取引~」の主要スタッフ・キャストが再結集し、
物語や人物設定を一新して放つ香港ノワール第2弾

これも面白かったけれど、前作の方が上かな。
『 コンシェンス/裏切りの炎 』     <WOWOW> ★★★
     2010年/中国/香港   【監督】ダンテ・ラム
正義と悪の間で揺れ動く対照的な2人の刑事を描く香港ノワール
香港ノワールばかりこれだけ続くとさすがにちょっと飽きてきた^^;
『 狼たちのノクターン<夜想曲> 』     <WOWOW> ★★★
     2012年/香港   【監督】ロイ・チョウ
恋人を殺した罪で20年の服役を終え出所した男が、今は亡き恋人にうり二つの少女と出会い・・・
『 ビースト・ストーカー/証人 』に続き、これまた兎にも角にもニック・チョン。
『エレクション』でレンゲをボリボリ食べる姿を見た時から
ニック・チョンを普通の人として見られなくなりました(笑)
『 ストレンジャー 』     <WOWOW> ★★★
     2010年/アメリカ   【監督】ジョン・ドイル
寂れた地方都市に街の活性化を促す甘く危険な商談を携えて、よそ者の男が姿を現わす・・・
作品としては何とも中途半端なのだが、原発問題で揺れる日本人には結構身につまされる。
『 胸騒ぎの恋人 』     <WOWOW> ★★
     2010年/カナダ   【監督】グザヴィエ・ドラン
ある男性に魅了された男性と女性の2人の苦悩
もう少し若い頃に観たならまた違う感じ方をしたかもしれないが
今は一言、恋愛って面倒くさい^^;
『 ブリューゲルの動く絵 』     <WOWOW> ★★★☆
     2011年/ポーランド/スウェーデン   【監督】レフ・マイェフスキ
ブリューゲルの代表作の一つ「十字架を担うキリスト」の絵画世界を映画の中に移植した斬新な試み
ブリューゲルの絵をまんま映画にしたマイェフスキ監督が凄いのか
まんま映像化出来るほど精巧な絵を描いたブリューゲルが凄いのか。
これは映画館で観たかった。
『 ヘンゼル&グレーテル 』     <WOWOW> ★★★
     2013年/アメリカ   【監督】トミー・ウィルコラ
魔女の屋敷から生還したヘンゼルとグレーテルは、成長して魔女退治の専門家となった
ヘンゼルがお菓子食べさせられ過ぎて糖尿病になってしまったと言う設定に笑ったww
『 バトル・ハザード 』     <WOWOW> ★☆
     2013年/アメリカ/シンガポール   【監督】クリストファー・ハットン
ウイルスによって人間がゾンビ化した街で要人の娘を救出する任務を受けた傭兵部隊の戦い
ドルフ・ラングレンは傭兵役がホント似合うわ~♥でもそれだけ(笑)
『 ブラック・ダリア 』     <WOWOW> ★★☆
     2006年/アメリカ    【監督】ブライアン・デ・パルマ
アメリカ犯罪史上に名高い猟奇的事件を題材にしたクライムサスペンス
あ~デ・パルマだねぇ・・・でもそれだけ(第二弾)
『 ルビー・スパークス 』     <WOWOW> ★★★☆
     2012年/アメリカ   【監督】ジョナサン・デイトン
スランプ気味の天才作家が夢で見て小説として書いた女の子が現実に現われた
ポール・ダノくん大好き♥
初めて家の中にルビーが現れた時の狼狽ぶりが可愛すぎる~♥♥
もうそれだけで私は満足(笑)
『 009 RE:CYBORG 』     <WOWOW> ★☆
     2012年/日本   【監督】神山健治
世界規模の連続爆破テロが発生、ギルモア博士のもとに00ナンバーのサイボーグ戦士が集結する
「サイボーグ009」は子供の頃から大好きで、
漫画は全巻持ってるし、映画もTVシリーズも全て観ている。
今回の現代的にアレンジされたキャラクターデザインは結構好きなので
それなりに期待していたのだが、お話とキャラの性格がもうどうにもこうにも・・・--;
『 善き人 』     <WOWOW> ★★☆
     2008年/イギリス/ドイツ   【監督】ヴィセンテ・アモリン
図らずもヒトラーに著書を気に入られたことから
ナチス体制に順応的な人生を歩むようになった大学教授の苦悩と葛藤

俳優はいいんだけどねぇ・・・
『 砂漠でサーモン・フィッシング 』     <WOWOW> ★★
     2011年/イギリス   【監督】ラッセ・ハルストレム
砂漠の国イエメンで鮭釣りがしたい・・・
依頼を受けた水産学者と依頼した大富豪による、とてつもないプロジェクト

原作のラストが大好きなので、このラストには納得出来ないわ~ーー;

[PR]
by hasikkoami | 2013-12-30 09:17 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami