ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 42~世界を変えた男~ 』

d0098286_197720.jpg
公式サイト
2013年 アメリカ 
上映時間 128分
監督 ブライアン・ヘルゲランド


信じ続ければ、

世界は変わる。





予告編の段階ですでにうるうる;;でどうなることかと心配していたが本編は意外とあっさり。
これはアメリカではジャッキー・ロビンソンの偉大さは最早当然過ぎて
過度に描く必要がなかったってことなのかしらね。

しかし一見淡々としつつも人種差別と戦うジャッキーの毅然とした態度や
それによって変化していく周囲の人たちの様子は丁寧に描かれている。

d0098286_1981969.jpg

リッキーの数々の名言にも心打たれた。
初めてハリソン・フォードを心底カッコいいと思ったよ(ファンから石投げられるぞ)


ジャッキーへの暴言に堪忍袋の緒を切らすスタンキーや
ヤジを飛ばす観客へ見せ付けるようにジャッキーと肩を組むリースの心意気にもぐっとくる。

d0098286_19111796.jpg

スタンキーやリースの様な派手なフォローではないけれど
いつもさり気なくジャッキーを気にかけて
「一緒にシャワーを浴びよう」と誘うブランカが私のお気に入り。
あらぬ誤解を招いたかと焦るところも可愛い(笑)

さてこのラルフ・ブランカ選手
元千葉ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督の義理のお父さんなんですって!!
ますます親近感が沸いてきちゃったよ(笑)

<満足度> ★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2013-11-04 19:12 | 映画館 | Comments(4)
Commented by ituka at 2013-11-04 20:25 x
メジャーリーガーがよくやる噛みタバコ。
あれってペッペッ!ってベンチやグラウンドにカスを吐き出しますが
さすがにロビンソンはやらなかったですね。
シャワーも皆に不快感を与えたくなかったとか聞いてて辛かった^^;

あのやさしいブランカ選手がバレンタイン監督の義理の父とはすごい発見ですね!
Commented by hasikkoami at 2013-11-04 21:26
★ ituka さん、
>シャワーも皆に不快感を与えたくなかったとか聞いてて辛かった^^;
彼が一人でシャワーを浴びているのを見て
白人黒人でシャワー室を別けられたのか、ヒドイなぁ。。。と思っていたのですが
彼の方で避けていたと聞いて悲しかったです;;

バレンタイン監督のブログに80歳を過ぎたブランカ選手が
それはそれは優しく微笑んでいる写真が載っていて嬉しくなってしまいました^^
Commented by mariyon at 2013-11-04 22:22 x
シャワーシーンは差別をほんとうによく表していました。
最初、ハリソンが、そういう差別を我慢できるかと聞くところ。
黒人の中にいれば、感じなくてもいい差別を
あえて戦うことを決心したところ。。あそこがけっこう好きでした。

ブランカ選手は80歳、今につながっているんですね。
それにしても、すごい発見!!
さすがはamiさん!
Commented by hasikkoami at 2013-11-05 21:21
★ mariyon さん、
球場でのヤジでも「シャワーは別だろうな?」と言う台詞がありましたし、
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』でもメイドがバスルームを使ったら大騒ぎしてましたね。
今では考えられませんが当時はそれが当然のことだったのでしょうね。

ブランカ選手は1926年生まれなので現在87歳で
この映画の時点ではまた21歳だったのですね(若っ)
映画のエンドロールで今もNYで健在とありました^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。