ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 ランナウェイ/逃亡者 』

d0098286_19191528.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ 
上映時間 122分 
監督 ロバート・レッドフォード

偽りの名前。

手に入れた別の人生。

30年間、守り抜いた“嘘”。




邦題は安っぽいサスペンスみたいだけど
原題の 『 The Company You Keep 』 は 「いつも一緒にいる人、仲間」 と言う意味らしい。

30年前ベトナム戦争反対を掲げる過激派組織“ウェザーマン”に属しながら
今は別人として生きるニック(ロバート・レッドフォード)
弁護士として地道に活動しながら男手一つで娘を育てていたが
ある日かつての仲間がFBIに逮捕されたことにより自らにも捜査の手が迫る。

ここから追いつ追われつのサスペンス劇が展開されるのだが
何せレッドフォード作品なので“地味”
“巧い”けど“地味”
“渋い”けど“地味”(しつこい)
でもいいの。生真面目で面白みのないのがレッドフォード作品の良さだもの。

それに原題からも分かるように、
これは人と人との繋がりを描く人間ドラマであり
アメリカの影の部分を描く社会派ドラマなんだから。

罪を罪として認めること

“ウェザーマン”が犯した罪

アメリカが犯したベトナム戦争という罪

d0098286_19203142.jpg
そして美術館のシーンで展示されていたのが
広島の原爆犠牲者の遺品を撮り続ける写真家
石内都さんの作品だったことで示唆される

原爆投下の罪

イマドキの派手なエンターテインメントではないけれど、見応えのある作品だった。

<満足度> ★★★★

[PR]
by hasikkoami | 2013-10-09 19:27 | 映画館 | Comments(2)
Commented by mariyon at 2013-10-10 10:50 x
見ごたえありましたね。
どこまでが事実なんだろう??って、最初おもちゃってて
あれ??って途中から。。。そうか、フィクションなんだって。

ただ、殺人の無実をはらすために逃亡・・・ってのが
ちょっと、フィクションすぎる気が。。(-_-;)
Commented by hasikkoami at 2013-10-10 23:10
★mariyon さん、
これってウェザーマンが実在のグループなだけで、
あとはフィクションってことですよね?
私は初めから完全にフィクションだと思って観ていたので
その点については気になりませんでした。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami