ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 マン・オブ・スティール 』

d0098286_2029784.jpg
公式サイト
2013年 アメリカ
上映時間 143分
監督 ザック・スナイダー


誰もが知るヒーローの、

誰も知らない誕生の瞬間。





スーパンマンシリーズの前作『スーパーマン リターンズ』(2006)は
スーパーマンへの愛とクリストファー・リーブへ敬意に溢れたなかなかいい作品だったと思うのだが
本国での評価は芳しくなく、続編が作られることもなかった。
やはり今の時代に赤パンツは無理だったか
スーパーマンをスクリーンで見ることはもうないんだろうなぁ
と思っていたので、今回の復活は単純に喜ばしいこと。

それにこれまでのシリーズではヒロインのロイスにあまり魅力が感じられず(あくまでも私基準)
「ケントはこんな女のどこがいいんだ??」といつも不思議に思っていたのだが
d0098286_20293261.jpg
今回のロイスは記者としても単にスクープを追うのでなく真実を追究するという姿勢が感じられるし
女性としても優しさと強さを兼ね備えた素敵な女性で
おまけに両親以外で初めて自分のことを理解し受け入れてくれた地球人だもの!
これで惚れないわけないでしょーよ!!
ということで、初めてスーパーマンの相手役に相応しいと思える
ヒロインロイスに出会えたことが私にとって一番の収穫。

<満足度> ★★★☆

[PR]
by hasikkoami | 2013-09-30 20:36 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード