ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

遊び心


ようやく劇場鑑賞映画の8月分までをアップし終わったと思ったらすでに9月も終わり。
ちなみに9月鑑賞分は8本^^;まだまだ先は長いのでここらでちょっと一休み。

音楽番組は見ない、ラジオも聴かない、音楽雑誌も読まない
そんな私の音楽情報収集はもっぱら You Tube 
日本でもここ数年カバーブームが続いているように
You Tube でもカバーソングが花盛りでそれを聴き比べるのも楽しい。
そして最近気に入っているのは Anthem Lights と The Beef Seeds と言う2組のグループによるカバー。

アメリカの4人組ボーカルグループ Anthem Lights
見た目もイケメンながらハーモニーも最高。何より曲のアレンジのセンスがとてもいい。
1Dやジャスティン・ビーバー、オースティン・マホーンといった所謂アイドルの曲もカバーしているのだけれど
彼らのカバーを聴いて「こんなに素敵な曲だったの!?」と気付かされる場合も多い。
オリジナル曲に関連性のある別の曲をほんの少しだけ紛れ込ませたりする遊び心も楽しい^^


この1Dのメドレーもマッシュアップ具合が絶妙な上に
バックストリート・ボーイズの"I want it that way" が1フレーズだけとても自然に入っている。
そのフレーズを歌い出した途端他のメンバーが振り返ったり
最後は指を指して笑っているのでひょっとしてアドリブだったのかな?^^


これも NSync の"Bye Bye Bye"がよく効いている♪

ケイティ・ペリーの"Roar"にはサバイバーの"eye of the tiger"
ジャスティン・ティンバーレイクの"Mirrors"にはマイケル・ジャクソンの "Man In The Mirror "が
さりげなく入っていて、それがまた何ともいい感じ。


そして続いてはアメリカの4人組カントリーバンド The Beef Seeds
ロックだろうがR&Bだろうがポップスだろうがとにかくどんな曲もカントリーにしちゃう。
でもこれが凄く楽しい。

注:以下の動画には全て曲の前にどうでもいい寸劇が入ってますがどうか引かないでやってください。


初めて聴いた時は思わず笑っちゃったけどボーカルさん言い声してる。


オリジナルのあの気だるい雰囲気は微塵もない(笑)


オリジナルもとても爽やかで素敵な曲だけどこちらはさらにほのぼの。

「遊び心」と言う言葉には「音楽をたしなむ心」と言う意味もあるらしいから
まさしく彼らにぴったりの言葉だわ。

[PR]
by hasikkoami | 2013-09-29 16:16 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード