ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 コレクター 』

d0098286_8573041.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ 
上映時間 104分
監督 モーガン・オニール



不気味な地下工場があった。





映画館のロビーで〈ジョン・キューザック スペシャル〉と書かれた
何とも微妙なチラシを見つけ手に取ると、ジョン・キューザックについて

隠れファンが多い だの
サスペンスのプリンスと呼ばれている だの
「何故隠れる必要が?」「私は聞いたことないけど・・・」と
思わず突っ込みたくなるようなことが書いてあって笑ったww

ま、それはさておき、この〈ジョン・キューザック スペシャル〉とは
ジョン・キューザック主演の『コレクター』と『殺しのナンバー』の2作品が連続公開される企画。
第1弾の『コレクター』は自宅の地下室に6人の娼婦を監禁し、強姦・暴行・虐待を繰り返し2人を殺害。
その遺体の一部を食べたシリアルキラー、ゲイリー・ハイドニックの事件を元にしていて
シリアルキラーものやサイコサスペンスが大好物の私としてはちょっと気になる作品。
つい最近もアメリカのオハイオで似たような事件があったばかりで話題性としては十分のはずなのに
あまり宣伝されていないのは、やはりジョン・キューザックだから?(失礼)
その他の出演者もいささか地味で、これで面白かったら思わぬ拾い物♪となるところだけれど
残念ながらストーリーには緻密さが欠け、特に後半の展開はあまりに強引。
ラストのどんでん返しも一応伏線は張ってあるものの
肝心の人物についての掘り下げが足りないので唐突感は否めなくて
意外と言うより、おいおい・・・そりゃないでしょ~よ^^;って感じだし
ラストショットも狙い過ぎなのが鼻に付く。
これじゃ話題にならないのも仕方ないか・・・と思うような作品だった。
と言うことで第2弾の『殺しのナンバー』はパスだなぁ^^;

<満足度> ★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2013-06-30 09:59 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード