ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『 L.A.ギャングストーリー 』 

d0098286_17465365.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ 
上映時間 113分 
監督 ルーベン・フライシャー



まるでギャングな警察たち






う~ん・・・これだけの俳優を揃えながらこれ、というのは勿体ないなぁ。

ショーン・ペンは熱演だし、
ライアン・ゴズリングはいつもと声のトーンや話し方も変えて役作りしてるし、
ロバート・パトリックは文句なく渋いし、
このところ大活躍のマイケル・ペーニャの飄々とした感じも良かったんだけどねぇ。
d0098286_1757071.jpg

実話ベースの人間ドラマなのか、完全なるエンタメ作品なのかが
イマイチはっきりしないと言うか、なーんかどっちつかず。
折角実在の人物を扱っておきながらキャラの描き方も表面的で、物語にも深みが無くて薄っぺらいし。
いっそ『ゾンビランド』位開き直ってくれれば新感覚ギャング映画として面白かったのに。(それはナイ)

「息子に誇れることがしたくて始めたのに、
 今は自分のしていることを息子に知られたくない。
 ギャングと俺たち、何が違うんだ?」


とコンウェル(ジョヴァンニ・リビシ)が言ったように、やってることはギャングと変わりないとしても
その底にあるはずの正義が今ひとつはっきりと見えて来なかったのも残念。

しかしこの作品、日本での評価は結構高い、ってことで
“世間での評判はすこぶるいいのに、自分にはなーんかイマイチ”シリーズに認定。

<満足度> ★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2013-05-11 18:19 | 映画館 | Comments(2)
Commented by ituka at 2013-05-12 12:15 x
>ライアン・ゴズリングはいつもと声のトーンや話し方も変えて役作りしてるし、

ライアンくんって普段あまり話してる記憶がないんで
どんな声だったかほとんど記憶に残ってないです^^;
でも、キャラを作って変えているのを気付くあみさん凄い!
ワタシなんか、ヘリウムガスでも吸引してくれないと分からないわ(笑)

この映画、残りの5人にそれぞれ5分程度の時間を割り当ててれば
少しは感情移入できたかもしれないのにね~^^
靴磨き少年の件で「こりゃダメだ!」でした(笑)
Commented by hasikkoami at 2013-05-12 22:33
★ituka さん
>ライアンくんって普段あまり話してる記憶がない
それわかります。『ドライヴ』でもほとんど喋ってなかったですものね。
それに彼の声ってこれと言った特徴が無くて記憶に残らない声(失礼)なんですが、
今回はちょっと高めで粘っこい耳障りな声(つくづく失礼)になっていたんですよ。

>残りの5人にそれぞれ5分程度の時間を割り当ててれば
そうそう!後ほんのちょっとでもいいから、
もう少し彼らの人となりが分かるエピソードが欲しかったですよね。

>靴磨き少年
あれじゃジェリー(ゴズリング)にやる気を起こさせる為だけに
殺されたようなもので可愛そうですよね^^;

それから私も断然久蔵派です(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。