ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『フライト』

d0098286_22405668.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ 
上映時間 138分 
監督 ロバート・ゼメキス

彼は

英雄(ヒーロー)か

犯罪者か




最近のデンゼル・ワシントンのエンタメ系作品は正直食傷気味なので
これはパスしてもいいかな~と思っていたのだけれど
予告から受けるパニックサスペンスの印象とは違い社会派の人間ドラマだと聞き観に行くことに。

女、酒、ドラッグ・・・
冒頭からいきなり主人公の抱える闇が見える重い展開。
その後の航空事故のシーンは迫力満点だったけれど、それがこの作品のメインではない。

アメリカのTVドラマを観ていると断酒会や依存症の会がごく当たり前の様に出てくるが
それだけ今のアメリカにとって依存症の問題は身近で、かつ深刻な問題と言うことなのだろう。
この作品ではたまたま主人公がパイロットだったけれど
他にも車の運転手や医者などミスが直接人の命に係る仕事に従事していながら
依存症から抜け出せない人達がいると思うと本当に恐ろしい。

<満足度> ★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2013-03-31 22:44 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami