ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『人生、ブラボー!』

d0098286_193925100.png
公式サイト
2011年 カナダ
上映時間 110分 
監督 ケン・スコット


会いたい 会いたくない

めんどうだけど愛おしい





過去にアルバイトとして行った精子提供の結果、
533人の子供がいることをある日突然知らされた男のドタバタを描くハートフルコメディ。

原題の『STARBUCK』は主人公が精子提供した際に使った偽名。
観る前はいつもながら安っぽい邦題よねぇ^^;と思ったものの
観た後はまさに「ブラボー!」と叫びたくなる、素敵な素敵な作品だった。

d0098286_19404327.png
借金まみれで仕事もいい加減、妊娠した恋人にまで愛想を尽かされるダメダメ中年男ダヴィッド。
それでも憎めないのは、そんなダメさ加減の中に誠実さや家族を愛する心が透けて見えるから。




533人の子供たちの父親になるのは無理だけど、守護天使にはなれる!と
一人奮闘するダヴィッドの姿は滑稽だけれど優しさに溢れていて
ダメ男であるはずの彼が何故皆に愛されるのかが分かってくる。
そしてそんなダヴィッドを取り巻く人達もまた皆愛に溢れていて
ラストはもうありえないほどの大団円!
病院でのダヴィッドを皆がハグするシーンはまるで大輪の花が咲いた様に美しくて
ダヴィッドの言葉通り、そこには無数の幸せが見えた。

世の中そんなに甘くねーよ!とか
子供たちが皆こんないい子ばっかりな訳ないだろーが!とか
母親や養い親はどこ行った?なんてことは何処かに飛んで行って
笑って、泣いて、最高にハッピー♪な気持ちになれる作品だった。

d0098286_19421282.png


<満足度> ★★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2013-03-18 19:47 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード