ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「イエメンで鮭釣りを」

d0098286_9271057.jpg
ポール・トーディ【著】 小竹 由美子【訳】
白水社 (2009/04/20 出版)
研究一筋の真面目な学者フレッドは、砂漠の国イエメンの富豪から、
母国の川に鮭を導入するため力を貸してほしいと依頼される。
およそ不可能と返事を出すものの、なんと首相官邸が興味を示し…。
奇想天外な計画の顚末やいかに?

只今公開中の映画『砂漠でサーモン・フィッシング』の原作。
2009年の出版以来あちこちの読書ブログさんで話題になっていたこの作品。
手紙、eメール、日記や自伝からの抜粋、インタビュー記事、議事録、事情聴取記録などなど・・・
様々な文書を使って、と言うかそれらの文書のみで語られる文体は
少々ブラックなユーモアに溢れていて笑える笑える。
コノ苗字ナンテ発音スルノカワカラナイカラ小声でゴマカシマスネさん なんてもう最高ww
原文はどうなっているのか分からないけれど、小竹由美子さんナイス翻訳!
ゲラゲラ笑いながらも、信じることの大切さや幸せとは何なのかを考えさせられて思わずホロリ。
そして衝撃のラストによってもたらされる余韻のなんと清々しいこと!
これは本好きさんたちが絶賛するのもうなずける。

映画の方はどうやら観に行けそうにないけれど、
聞くところによるとラブコメ的要素が強いらしいので
まあ、お茶の間観賞でもいいかなぁ・・・と^^;
[PR]
by hasikkoami | 2013-01-07 09:32 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード