ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <12月第2週>


今週は韓国映画4本と邦画1本。


『哀しき獣』     <WOWOW> ★★★★
     2010年/韓国/アメリカ   【監督】ナ・ホンジン
借金返済の為殺しを請け負った朝鮮族のタクシー運転手を描くバイオレンスサスペンス。
ナ・ホンジン監督&キム・ユンソク&ハ・ジョンウの『チェイサー』トリオ再びでまたまた壮絶なバイオレンスもの。
ミョン社長(キム・ユンソク)強すぎ!これまでに見た裏社会もののキャラクターの中で最強じゃなかろうか。


『昼間から呑む』     <WOWOW> ★★★★
     2008年/韓国  【監督】ノ・ヨンソク
失恋して傷心旅行に出かけた男性が旅先で次々とトラブルに巻き込まれるコメディ。
面白かったーー!たまたま一緒に観ていた息子にもこのオフビートな笑いは大受けww
監督、脚本、撮影、音楽、編集を全て一人でこなしたと言うノ・ヨンソク監督、実にお見事!


『ミス・ギャングスター』     <WOWOW> ★★★
     2010年/韓国   【監督】カン・ヒョジン
8年がかりで貯めた旅行資金を銀行強盗に奪われた平均年齢65歳の女性たちが
貯金を取り戻そうと銀行強盗を企てるコメディ。

ドイツ映画『ヤンババ! ばばぁ強盗団がやって来る!』のリメイク。
オリジナル版は未見なので分からないが、こちらは結構コテコテの韓国コメディ。
最後に人情物路線に行くところもいかにも韓国らしい。


『素晴らしい一日』     <WOWOW> ★★★☆
     2008年/韓国   【監督】イ・ユンギ
別れた男に貸した金を返してもらう為、金策に走る彼に付き合う女の一日。
原作は平安寿子の短編小説。
淡々としていて特別何が起きるわけでもないのに最後まで飽きさせない。
「素晴らしい」とまでは行かなくとも「結構良い一日」って感じ。


『ワイルド7』     <WOWOW> ★★☆
     2011年/日本   【監督】羽住英一郎
元犯罪者からなる警視庁の特別部署《ワイルド7》の活躍を描くアクションもの。
原作の望月三起也の劇画が40年前の所為か、舞台を現代に置き換えても昭和の香りプンプン。
そして、以前から疑っていたことを今回確信・・・私は羽住英一郎監督が苦手だ。
[PR]
by hasikkoami | 2012-12-17 09:41 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami