ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『007 スカイフォール』

d0098286_9485046.jpg
公式サイト
2012年 イギリス/アメリカ
上映時間 143分
監督 サム・メンデス


007シリーズ 50周年記念
シリーズ第23作
史上最高の007映画がやってくる!





元々特に好きだったわけでもないところに
先代のブロズナンボンドがどうにも苦手ですっかり遠ざかっていた007シリーズ。
しかし荒々しく野性的でおよそスマートとは言い難いクレイグボンドが登場してからは
このシリーズを楽しみにしている。そして今回も期待に違わず面白かった。


d0098286_9495534.jpg

今回は何と言ってもM! 
 まさかジュディ・デンチがボンド・ガールだったとは!!
Mをさらって逃げるボンド!萌えたわぁ(笑)
に始まりに終わった作品でした。


d0098286_9502372.jpg

ベン・ウィショーくん演じるQ
ボンドをターナーの
「解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号」(長い!)
に例えて揶揄したり(“じいさん”扱いされるボンド)
ペン型爆弾を鼻で笑ったり、と結構良い性格してます。

d0098286_9502011.jpg

美女から迫られるボンドは見飽きてるけれど
同性からセクハラされるボンドにはちょっとドキドキ(笑)

『カジノ・ロワイヤル』のマッツ・ミケルセン、『慰めの報酬』のマチュー・アマルリックと
敵役選びがナイスなのもこのシリーズの良い所。
もちろん今回のハビエル・バルデムも流石の存在感。
「まみぃ わぁず べりぃ ばぁぁっど!」が耳から離れないわ。
シャルル・トレネとアニマルズを選ぶセンスも素敵060.gif

監督がサム・メンデスと言うことでいつになくドラマ性重視の今作。
身体的衰えやルーツも描かれるボンドは前2作以上に人間臭く
母(M)と息子たち(ボンドとシルヴァ)との愛憎劇とも言える物語は
これまでのシリーズには無い雰囲気で新たな魅力だった。

そして最後に本当にどうでもいいことだけど・・・

d0098286_9504816.jpg

香港のシーンで出てきた画が大好きなモディリアーニの画で
それも一昨年パリ市立近代美術館から盗まれた「扇子を持つ女」だったものだから
「こんなところにあったのかー!で、やっぱチャイナマネーかよ!」(いや、映画だから)
「やめろー!撃つなー!画に当たったらどうするーーーー!!!」(だから映画だってば)
とそればかり気になってしまった。


<満足度> ★★★★
[PR]
by hasikkoami | 2012-12-09 10:10 | 映画館 | Comments(10)
Commented by ituka at 2012-12-09 18:02 x
仁王立ちする女性にばかり目を奪われてしまい
後ろにある絵が、まさか一昨年の盗難絵画のひとつだったとは。。。(笑)
そこに気が付いたあみさん凄いですね!

パリ警察に情報提供したら幾らか貰えるんでしょうか(おい)^^

Commented by サンオブSk at 2012-12-09 18:07 x
こんばんは!

>敵役選びがナイス
並べてみると歪んだ笑顔が似合う役者さんばかりだな…(^o^)と思いました。
その人の経歴的に悪役を多く演じるということが無かった場合でも、個性的で怖い人物になっていたという印象です。
ミケルセンは007出演で好きになり、マチュー・アマルリックもラストの戦闘シーンにドン引き(しつつ面白い)、ハビエル・バルデムの凄さも今回わかりました。このシリーズの悪役は本当に毎回楽しいです(笑)
Commented by hasikkoami at 2012-12-10 07:39
★itukaさん、
モディリアーニは大好きなので、布が取られた瞬間からもう気になって気になって・・・正直ボンドどころじゃなかったです(笑)

>パリ警察に情報提供したら幾らか貰えるんでしょうか
ですよね~!でも身元を明かす訳にはいかないでしょうから
ここはやはり上層部に報告してフランスとの友好な関係を築くのに利用してもらいましょう(笑)
Commented by hasikkoami at 2012-12-10 07:43
★サンオブSkさん、
>歪んだ笑顔が似合う役者さんばかり
ホントですね。皆さん男前なんですけどクセがある(笑)
ハリウッド俳優とは一味違う魅力があって素敵ですよね。

ネイティブじゃないとハリウッドで主役を張るのは難しいと言われますが、
悪役好きな私としてはヨーロッパの俳優さんたちの悪役は大歓迎です^^
Commented by mariyon at 2013-01-10 21:56 x
やっと観てきました。
近場では夜だけなもんで、ちょいと遠出して。。。
でも、そのかいはありました。
見逃さなくってよかった。
まさか、これでM、見納めだったとは。。。
Mに見捨てられてすねるボンド、
彼女をさらって逃げる(?)ボンド。。
いや、まさか、こんな展開とはとは・・・・(-_-;)
ダニエルボンド、いいですよね~~。
惚れ惚れしちゃいます。

モディリアー二・・・そう、わたしも思いましたが
あみさんのように、弾があたる~~ってとこまでは。。。
いやはや、いつも、1枚も2枚も上手ですw
Commented by hasikkoami at 2013-01-12 17:35
★mariyonさん
>Mに見捨てられてすねるボンド
ここも私的には萌えポイントでした(爆)
まったく、ボンドもシルヴァもM大好き過ぎますよね(笑)

>モディリアー二
mariyonさんもお気づきになられましたか!^^

>弾があたる~~ってとこまでは。。。
私は弾が当たらないまでも血が飛んだらどうするのよ~!とまで心配していたので
返り血が少なかったことにほっと胸を撫で下ろしました(爆)
Commented by fansy2 at 2015-06-24 00:10
今更ながら…が多すぎるので割愛します(笑)
>Mをさらって逃げるボンド!萌えたわぁ(笑)
私はっていうと「こら~タナーさんに連絡しとかんか~!」と置いてきぼりにされたタナーさんのことしか頭にありませんでした(爆)
あのMとあのボンドの間で頑張るタナーさんの受け身のいい表情を見ていると、もう応援せずにはいられません♪♪

>同性からセクハラされるボンドにはちょっとドキドキ(笑)
ねっとりさが永遠に続くような恐怖といいましょうか(笑)
ダニエルボンドだからこそ成立するお仕置きのされ方ですよね(爆)
Commented by hasikkoami at 2015-06-24 20:19
★ 一般市民さん ★

私も毎回言ってますが(笑)過去記事コメント大歓迎~!
うちはカテゴリも超大雑把でタグも無しですから
過去記事探すのもさぞやご面倒でしょうに・・・
いつもありがとうございますm(__)m

しかし・・・
>「こら~タナーさんに連絡しとかんか~!」
実は・・・
「へ?タナーさん?誰?」と思ってしまいました^^;
検索してようやくロリー・キニアのことだと分かりましたが
私にとってこの作品は“Mとシルヴァとモディリアーニ”で
彼のことはほとんど記憶にございません^^;
でもロリー・キニアは「ナイトメア~血塗られた秘密~」の
フランケンシュタインがとにかく素晴らしくて、只今大注目!
「イミテーション・ゲーム」も良かったですよね。
今回一般市民さんの熱~いタナーさん評を読ませていただいて
おぼろげながら思い出しましたが
確かにあの中間管理職ぽい感じ(褒めてます)は
一般市民さんのお好みかも~と思ったりして(爆)

>ダニエルボンドだからこそ成立するお仕置きのされ方
確かに~ww
これがブロズナンボンドだったら
逆にシルヴァをたらし込んじゃいそうですもんね(笑)

ところで話は変わりますが・・・
"Before"シリーズをご覧になられたのですね。
大好きなんですよ~私^^
実は昨夜も一番好きな「Sunset」を観返して
ジェシーの人生を狂わせたセリーヌの歌に
またもやメロメロになったばかりです(笑)
Commented by fansy2 at 2015-06-27 14:52
"タナー"さんは従来の007に登場しているキャラではないみたい?なので、きっと誰でも「…誰?」って反応になるかと思ってました(笑)
そうそう「イミテーション・ゲーム」での受け手側のお芝居がすごくお上手で、そのあとにタナーさんをみたせいで余計に観察しながらみていたのだと思います♪
>フランケンシュタインがとにかく素晴らしく
うわ~~出演していることがわかっていたら見たのに~~。。
ちょうど、解約した頃にはじまったドラマだったと記憶しています(爆)
この次にきっかけがあれば、見てみます!!

そして、
>ジェシーの人生を狂わせたセリーヌの歌
コレ、ものすご~~くわかります(笑)
Commented by hasikkoami at 2015-06-27 21:58
★ 一般市民さん ★
私も「イミテーション・ゲーム」を先に観ていたらタナーさんにももっと注目したと思いますが、この時点ではまさしく「誰?」でした(笑)

>フランケンシュタイン
紛らわしい書き方をしてしまいましたが、
ロリー・キニアは博士ではなくクリーチャーの方で
これがもう素晴らしいの一言で、機会があれば是非ご覧になっていただきたい!(力説)

>ジェシーの人生を狂わせたセリーヌの歌
あんな風に歌われたら飛行機になんて乗れませんよね~。
「Midnight」の中の台詞に出てきた
ジェシーが書いた2作目の小説が読みたくてたまらない私です(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami