ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <11月第4週>


『永遠のハバナ』     <WOWOW> ★★★★★ 
    2003年/キューバ/スペイン  【監督】フェルナンド・ペレス
ハバナで暮らす市井の人々の1日を捉えたドキュメンタリー。
やられた。これほど美しいドキュメンタリーは初めて観た。
インタビューやナレーションも一切なしのこれぞ映像詩。


『苺とチョコレート』     <WOWOW> ★★★☆
 1993年/キューバ/メキシコ/スペイン 【監督】トマス・グティエレス・アレア
自由と芸術を愛する同性愛者の青年と愛国主義者の大学生の友情。
対照的な二人の友情を描きながら、当時のキューバの社会情勢も描いていて興味深い。
ラスト、アイスを交換して食べる二人がいい。


『テトロ 過去を殺した男』     <WOWOW> ★★★★
    2009年/アメリカ/イタリア/スペイン/アルゼンチン  【監督】フランシス・フォード・コッポラ
過去を捨て、別人として生きる兄と彼を探して会いに来た弟の物語。
元々モノクロ映画が大好きなのもあるけれど、映像がうっとりするほど美しい。


『ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣』     <WOWOW> ★★
    2011年/アメリカ  【監督】デヴィッド・ゴードン・グリーン
美男で高潔な兄王子と不細工で卑屈な弟王子が魔術師にさらわれた姫を救うファンタジーコメディ。
ジェームズ・フランコもナタリー・ポートマンももう少し仕事選びなさいよ^^;


『君のいないサマーデイズ』     <WOWOW> ★★★
    2010年/フランス  【監督】ギョーム・カネ
交通事故で重傷を負った友人を残し毎年恒例のバカンスに出発した男女の人間模様。
ギョーム・カネ監督作は前作の『唇を閉ざせ』が面白かったので期待したけれど
これは役者が豪華過ぎてもうそれだけでお腹いっぱいって感じ。


『最高の人生をあなたと』     <WOWOW> ★★★
    2011年/フランス/ベルギー/イギリス  【監督】ジュリー・ガヴラス
老いを意識し始めた夫婦のすれ違いと再出発。
自分の老いを認め、諦めるのではなく受け入れることで新たな人生が始まる。
アラ還の女性たちが元気なのは、そこの切り替え方が男性より上手だからなんだろうね。
[PR]
by hasikkoami | 2012-11-25 16:20 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)
Commented by サンオブSk at 2012-11-27 22:40 x
>君のいないサマーデイズ
この映画未見なのですが、ギョーム・カネ監督なんですね。『唇を閉ざせ』僕も見ました、面白かったです。ほどなくして『最強のふたり』を観に行き、大富豪フィリップ役を演じたのが『唇を閉ざせ』のフランソワ・クリュゼとわかったので、自分のなかではリアルタイム!と思いました(笑)
『君のいないサマーデイズ』ジャン・デュジャルダンも出ているんですね。有名役者ばかりだとお腹いっぱいになるのは自然現象かと思いますが、なにかフランス人の役者だと余計に濃い~と思うのは気のせいでしょうか…?僕だけですかね(笑)
Commented by hasikkoami at 2012-11-29 09:00
★サンオブSkさん、
>『唇を閉ざせ』
面白かったですよね!
フランソワ・クリュゼは『最強のふたり』ですっかり日本でもメジャーになりましたね。

>フランス人の役者だと余計に濃い~と思うのは気のせいでしょうか…?
いえ、気のせいなんかじゃないと思います(笑)
ねっとりとしたフランス語の発音のせいなのか、
はたまたフランス人の根っからの恋愛体質のせいなのか、
他のヨーロッパの俳優たちより明らかに濃い~と思います。
その為、正直お腹いっぱいどころか胸やけ状態になりました(爆)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami