ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ローマ法王の休日』 

d0098286_9385033.jpg
公式サイト
2011年 イタリア
上映時間 105分
監督 ナンニ・モレッティ

神さま、

なぜ、

私なんですか?




先日友人がこの作品を小学4年の息子さんと観に行く予定だと聞き思わず
「・・・え?」と固まった私に
「ん?PGもRも付いてないよね?」と不思議そうな彼女。
「そうじゃなくて・・・小学生にナンニ・モレッティはハードル高くない?」と私。
聞けば彼女はナンニ・モレッティは観たことがないそうなので、
彼の作品には少々癖があること、イタリアのウディ・アレンと言われてること、
などを簡単に説明したのだけれど、ウディ・アレン好きの彼女は
「まあ、大丈夫でしょ!」と大して気にも留めていない様子。
こちらとしてもまだ観てもいない作品だし、
ひょっとしたらごく普通のハートフルコメディかもしれないし(いや、それはないだろ~←心の声)
と私もそれ以上は突っ込まなかったのだが、やっぱりねぇと言うか、そりゃそうだよねぇ・・・
のシニカルな笑いを散りばめたヒューマンドラマで、特にあのラストはまさしく、やってくれたわね!って感じ。
あのカタルシスの無さがまさにナンニ・モレッティww

d0098286_9421534.jpg
基本的にナンニ・モレッティ作品の主人公は
自虐的でネガティブでウジウジしててプレッシャーに弱い。
そんな不完全で弱い一人の人間がジタバタしながら自分を見つめ直すお話。


d0098286_9422870.jpg
精神科医(ナンニ・モレッティ)の飄々とした感じも好き。


d0098286_9423889.jpg
お気楽な枢機卿たちもとても可愛らしく、おじいちゃん好きにはたまらない作品だけど
本当に自らの責任から逃げているのはメルヴィルではなく彼らだよね。


そう言えばRくん(友人の息子さん)はもう観たのかしら。
気に入ってくれればもちろん嬉しいけれど、
ナンニ・モレッティ好きの小学生、って言うのもちょっとイヤだなぁ(笑)


<満足度> ★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2012-10-21 09:49 | 映画館 | Comments(2)
Commented by mariyon at 2012-11-11 09:15 x
ちょっと前に、コメ入れたつもりだったんですが・・・。
タイトルがハートフルですものね。
わたしも、ラストは、ちょっと・・・でした。
小学生でこの映画を、最後まで静かに観ることができたら
将来はきっと、映画評論家(笑)?
吹き替えってあるんでしょうか?
Commented by hasikkoami at 2012-11-11 20:31
★mariyonさん、
>ちょっと前に、コメ入れたつもり
何か不具合でもあったのでしょうか・・・だったらすみません^^;

これをハートフルコメディとして売るのは、毎度の事ながら日本の配給会社は何考えてるんだ!?ですよね^^;

>吹き替えってあるんでしょうか?
おそらく無いと思います。
Rくんはすでに昨年位から字幕デビューしてる賢いお子さんなので
映画評論家、あるかもしれません(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。