ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『推理作家ポー  最期の5日間』

d0098286_17112255.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ
上映時間 110分
監督 ジェームズ・マクティーグ

偉大なる作家
エドガー・アラン・ポーは、
なぜ死んだのか…?


それにしても日本版ポスターのセンスの無さは相変わらずだなぁ。
←ここまでやれとは言わないけどもう少し何とか・・・ねぇ^^;




ポーを読んだのは中学生の時なので詳しく覚えているわけではないが
オーギュスト・デュパンのミステリものより
「アッシャー家の崩壊」や「黒猫」などのゴシックホラーの方が面白かったような記憶があるし
ポー自身は生涯詩人であることにこだわっていたと何かで読んだこともあるので
この『推理作家ポー』と言う邦題、ポーなら「私は推理作家ではない!」と怒るんじゃない?

d0098286_17133727.jpg


ちなみに原題はポーの代表作『 THE RAVEN (大鴉)』で
映画はまさしく『大鴉』の陰鬱で妖しく美しい世界観を目指しました!
という気合い(?)が伝わってきて雰囲気としては悪くない。
ただミステリとしてはあまりに雑過ぎて突っ込む気すら起きないのと
何よりラストがねぇ・・・と言うか更にその後がねぇ・・・

何故「Burn My Shadow」!?

イヤ、「Burn My Shadow」自体はいいんですよ。
歌詞の内容も映画の世界観と遠い訳じゃない(むしろ合ってる)し
カラスをモチーフにした映像もとってもクール。
単体で見れば実にカッコイイ・・・のだけれど
19世紀からいきなり21世紀に連れ戻されてどうにも違和感が...^^;

「Burn My Shadow」official video

映画のエンディングで流れる映像はこちら・・・http://www.youtube.com/watch?v=6QIV6BaeD8g

何故この曲を持って来たのか?が私にとっての今作一番の謎かもしれない^^;

<満足度> ★★★
[PR]
by hasikkoami | 2012-10-13 17:22 | 映画館 | Comments(4)
Commented by p_giacomo at 2012-10-13 21:56
作品の雰囲気的にはもしかして面白そうなのかもと思って観てみましたが、好みのタイプではなかったようです。
個人的には『羊たちの沈黙』のようなサイコサスペンスとか猟奇物は割と好きな方なんですけどね。
Commented by hasikkoami at 2012-10-15 09:10
★p_giacomoさん、
私もサイコサスペンスや猟奇物は好きですし、ポーの世界観を出したい気持ちもわかるのですが、これはいま一つでしたね。
一番の残虐シーンであろう振り子のシーンも、もろ『ソウ』でしたしね^^;
Commented by ituka at 2012-10-15 23:59 x
こんばんは。はじめまして!
コメントありがとうございました。
本作、カラスをモチーフにしているところはダークな印象でよかったんですが
しかしながら、もうひとつ上手く使いきってない印象でした。
ポーは自称詩人だったのですね。
彼の小説を読んだことがないので、邦題のまま推理作家と、ずっと思ってました^^;
Commented by hasikkoami at 2012-10-16 09:20
★itukaさん、
わざわざお越し下さりありがとうございます。

オープニングの雰囲気がとても良かったのでちょっと期待したのですが、雰囲気負けしてしまいましたね。

>ポーは自称詩人
映画の中でも小説を書くことを恥じているような描写がありましたが、詩だけでは食べていけなかったんでしょうね。日本ではポーと言えば「モルグ街の殺人」なので推理作家だと思ってしまうのも無理ありません。

またブログにもお邪魔させていただきます。
コメントありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami