ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ハンガー・ゲーム』

d0098286_7311112.jpg
公式サイト
2012年 アメリカ
上映時間 143分
監督 ゲイリー・ロス

生存率1/24
それは究極のサバイバル。
戦うことでしか、
生き残れないのか――?





予想していたよりもずっと面白かった。

予告やコピーからバトルロワイヤル的なものを想像していたのだけれどそうではなく
教育係や専属スタイリストがいて視聴者の人気次第でスポンサーがついたり、
差し入れが来たり、果てはその行く末までもが左右される・・・
なんてアメリカ人の大好きなリアリティショーを皮肉ってるところが面白い。
ただバトルシーンは控え目で、それを期待していた人たちにはさぞ物足りなかっただろう。
この作品の評価が、本国と日本で大きく差があるのはそれが原因なのかも。
しかし『The Hunger Games』の目的はいかに飢えを凌いで生き残るか、であって
殺しはあくまでもその手段の一つに過ぎない訳だから
木の上でやり過ごそうが、保護色使おうが(笑)OKな訳ですよ。
そもそも原作はヤングアダルト小説だし、ティーンの女の子たちが熱狂してるってところからも
バトルシーンを期待しちゃいけないのに、そこを勘違いさせる日本の配給会社がいけないのよね。

d0098286_7325697.jpg
16歳にして一家の大黒柱のカットニス(ジェニファー・ローレンス)
頼りになるけど無愛想で「人から好かれるのなんて無理!」って言ってたのに
後半どんどん視聴者向けにカメラを意識した行動をとっていく・・・女って怖い。。。


d0098286_733176.jpg
個人的にアメリカの(濱田)岳くんと呼んでるジョシュ・ハッチャーソン演じるピータ。
おどおどしてたと思ったらカメラの前ではいきなりトーク上手になっちゃうし
特技は粉袋投げとケーキのデコレーション特殊メイクとか意外性あり。
重症負いつつ必死に岩メイクしているところを想像すると笑える泣ける。

何よりカットニスのヒーローっぷりと
ピータのヒロインっぷり(逆じゃないですよ)がツボ過ぎる!


d0098286_7335550.jpg
他にも長髪のウディ・ハレルソンや
セクシー過ぎるレニー・クラヴィッツも大変美味しかった049.gif


d0098286_734621.jpg
『トワイライト』(未見だけど)っぽい雰囲気が
若干不安ではあるのだけれど、取りあえず2が楽しみです♪


<満足度> ★★★★
[PR]
by hasikkoami | 2012-10-06 07:53 | 映画館 | Comments(2)
Commented by p_giacomo at 2012-10-06 16:53
期待外れというか消化不良というか、すべてが中途半端に思えて歯痒い気分でした。
サバイバルゲームにしては過酷さが感じられないし、殺人ゲームもいつの間にか人数が勝手に減ったことになっているし、権力者のイカサマ賭博ならもっとその理不尽さを描くべきだし、愛と友情に生きるのならそこを強調して泣かせるぐらいの演出にしてもよさそうなもので、全体的になまぬるい印象でした。
Commented by hasikkoami at 2012-10-07 09:04
★p_giacomoさん、
>全体的になまぬるい印象
おっしゃる通りです!
p_giacomoさんが挙げられた点はどれも的を射ていて、
思わずうなずきながら読ませていただきました。

>殺人ゲームもいつの間にか人数が勝手に減ったことになっているし
花火?が上がって終わり、ですもんね(笑)

またまた期待値の話になってしまいますが、
私は初めから子供向け小説の映画化だと思って観たので
そういうなまぬるさや突っ込みどころも含めて楽しむことが出来たのかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。