ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ぼくたちのムッシュ・ラザール』

d0098286_8354675.jpg
公式サイト
2011年 カナダ
上映時間 95分
監督 フィリップ・ファラルドー


いちばん大事なことは、

教科書には載ってない。





ある冬の朝、モントリオールの小学校の教室で
女性教師が首を吊って死んでいるのを生徒の一人が発見する。
動揺する子供たちの前に現れたアルジェリアで教師をやっていたと言う中年男性は
少々時代遅れだけれど愛情のこもった指導で子供たちとの絆を深めて行く・・・

衝撃的な幕開けとムッシュ・ラザールの謎めいた過去に一瞬ミステリー?と思ったりもしたのだが違った。
傷付いた子供たちと、同じく傷付いた大人が悲しみを乗り越えて行く再生の物語であり
教育問題、移民問題、親子関係など、様々な問題について考えさせられる作品でもあった。

d0098286_8365284.jpg
時に優しく時に厳しく、子供たちを見つめるラザール先生
彼が何故あんなことをしてまでこの学校に来たのかが疑問で
ひょっとして裏に何かあるのではないかと勘繰ったりもしたけれど
あの寓話が彼の心そのものだったのね。


d0098286_8371646.jpg
人形の様に可愛らしい外見とは違い、クールで大人びたアリス
周りの子たちが子供に見えて仕方ないのだろう。
彼女が一風変わったラザール先生に傾倒して行く気持ちが凄くわかる。


d0098286_8371982.jpg
担任教師の自殺に深く傷付きながらもそれを表すことが出来ないシモン
思春期にさしかかった少年の複雑な心境も痛いほど伝わってきた。


d0098286_8374085.jpg
メインの2人だけじゃなく、どの子も皆素晴らしかった。


フィリップ・ファラルドー監督がインタビューで語った

現実とはただ悲しいことばかりでもその逆でもなく、悲しみや喜びが少しずつ混ざり合ったもの 

と言う言葉そのままに、哀しさと優しさ、痛みと癒し、深刻さとユーモアが絶妙に混ざり合い深い余韻を残す。


<満足度> ★★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2012-10-05 08:42 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami