ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『夢売るふたり』

d0098286_8584876.jpg
公式サイト
2012年 日本
上映時間 137分
監督 西川美和



人間最大の謎は、男と女





西川美和監督の作品はいつも私の心をざわざわと波立たせる。

怒り、嫉妬、劣等感、虚しさ、寂しさ・・・

女性監督ならではのリアルで生々しい描写が

私の心に溜まった澱をゆっくりと浮かび上がらせる。

何より厄介なのは

その波が映画を観終わってからも鎮まるどころか

むしろ大きくなって行くことだ。

すでに過去のものとなってしまったものやあえて気付かないフリをしているもの

様々な感情がいつまでもゆらゆらと水面を漂い

私を落ち着かない気分にさせる。

d0098286_901613.jpg


<満足度> ★★★★


気になる脇役・・・安藤玉恵ちゃん♥

今回主演の松たか子をはじめ素晴らしい女優さんが大勢出ていたけれど
いつもながら玉恵ちゃんは最高だった。
彼女が演じるとそれがたとえどんな役でも、
映画の中のキャラクターとしてだけでないリアルな存在として迫ってくる。

DV夫から逃げている風俗嬢の紀代。
他人から見れば不幸のどん底にいるように見える彼女だけれど
「自分の人生に自分で落とし前をつけられる今が幸せ」と言い切る彼女の何というかっこよさ♥
気になるどころか、今一番好きな女優さん。
[PR]
by hasikkoami | 2012-09-26 09:04 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード