ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『アメイジング・スパイダーマン 』

d0098286_9105520.png
公式サイト
2012年 アメリカ
上映時間 136分
監督 マーク・ウェブ

恐れるな。自ら選んだ、この運命を。

サム・ライミ版の3作はTVで流し観だったのに
今回はリス・エヴァンスに釣られ初スクリーン。
だからポスターもここはあえてコナーズ博士。



d0098286_9123073.png
Coldplayをバックにスケボーするシーンは
いかにもマーク・ウェブ監督らしくて、このまま1本のMVになりそう。


d0098286_9121650.png
お久しぶりのサリー・フィールドと、すっかり可愛いおじいちゃん化しているマーティン・シーンもよかった。


d0098286_913722.png
デニス・リアリー(グウェンパパ)とキャンベル・スコット(ピーターパパ)の
渋いパパ二人も私的には目の保養♥


d0098286_9124767.png
リスファン的イチ押しシーン。
この時のコナーズの表情が切なくてねぇ・・・誰が何と言おうと私はアンタを許すよ(;;)


ラストは「そうか~次(作)はこの葛藤があるわけね。」と思わせておいて
「守れない約束もある」・・・って葛藤短っ!!(笑)

ヒーローものと言うよりは学園青春ものって感じだったけれど
主役二人も初々しかったし、これはこれでいいんじゃない?

ただ、エンドロールはなぁ・・・^^;
あの日本版テーマソングってシステムだけは何とかしてもらえないだろうか?

<満足度> ★★★☆

気になる脇役・・・C・トーマス・ハウエル
d0098286_91573.png
スパイダーマンが助ける子供のパパ(今回「○○パパ」多いな)。
こんなエキストラに毛が生えたような役に何故 C・トーマス・ハウエル!?
とびっくりしてたらちゃんと終盤に見せ場があった。だよねぇ。

[PR]
by hasikkoami | 2012-07-08 09:59 | 映画館 | Comments(2)
Commented by lamontanagrande at 2012-07-20 12:35 x
はじめまして。

そういえば、この映画にC.トーマス・ハウエルが出ているとどこかで読んだ気がするのに、観た時はすっかり忘れて気づかなかった!と思って検索したところ、こちらのブログにめぐりあいました。
ありがとうございます!(笑)
キャンベル・スコットは気づいたんですけどねぇ・・・。

映画たくさんご覧になってちゃんとブログ書かれていて素晴らしいですね!
私はけっこうサボり気味で・・・。
(ちなみに、ブログで初めて書いたレビューは彼が主演の「アウトサイダー」でした)

hasikkoamiさんのブログ、これからじっくり拝読させていただきます。

Commented by hasikkoami at 2012-07-20 21:39
★lamontanagrandeさん、
はじめまして。コメントありがとうございます。
そして何よりC.トーマス・ハウエルに反応して下さってありがとうございます!
私は彼が出ていることを知らずに観たので橋のシーンでは思わず声を上げそうになるくらい驚きました。
脇役にばかり目が行ってしまう性質なので、そこに反応していただけるととても嬉しいです。


>「アウトサイダー」
懐かしいですね~!今観ると錚々たる顔ぶれの作品ですよね。

lamontanagrandeさんのブログ、拝見しましたが、サボリ気味なんてとんでもない!
私のツイッター並み(ってやったことないですが)のつぶやき感想とは大違いの本格的なレビューで、読み応えたっぷりですね。ゆっくりと読ませていただこうと思います^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。