ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「スクールボーイ閣下」

d0098286_1138538.png
「スクールボーイ閣下〈上〉」
ジョン・ル・カレ【著】 村上 博基【訳】
早川書房 (1987/01/31 出版)
ソ連諜報部の工作指揮官カーラの策謀により、
英国諜報部〈サーカス〉は壊滅的打撃を受けた。
だが、その長に就任したスマイリーは、即座に反撃を開始する。


d0098286_11392040.png
「スクールボーイ閣下〈下〉」
ジョン・ル・カレ【著】 村上 博基【訳】
早川書房 (1987/01/31 出版)
カーラの資金を受けとる香港の大物実業家ドレイク・コウ。彼の弟ネルソンは中国情報機関の中枢に送り込まれたカーラの二重スパイだった。
スマイリーはネルソンを捕えるべく秘密作戦を開始する。

「ティンカ-、テイラ-、ソルジャ-、スパイ 」に続くスマイリー3部作の2作目。
翻訳が菊池氏から村上氏に代わり、びっくりするほど読み易い。
ひたすら地味な頭脳戦だった「ティンカ-」に比べ展開も派手で
エンターテインメント的要素が強くなっていて面白かった。

ただ、スマイリー3部作なのに実質的な主役がスマイリーじゃないことや
キャラクターのイメージが「ティンカー」と微妙に違うことなど、不満もある。

タイトルが「スクールボーイ閣下」なのだから
そのあだ名を持つジェリーが主役なのはある意味当然だし
ジェリーもとても面白いキャラクターではあるけれどね。

キャラクターのイメージが「ティンカー」と微妙に違うことに関しては
ル・カレの話そのものの所為なのか、翻訳者の違いによるものなのかは分からないが
(ここはやはり村上訳の「ティンカー」を読んでみるべきか。)
特に違いを感じたのはスマイリーの側近、ピーター・ギラム。
若い娘好きで仕事中に女のことばっか考えているのは今回も同じだけれど(笑)
「ティンカー」のギラムってもっとクールじゃなかったっけ?
今回のギラムは、暇さえあればエッチな妄想してるし
(「だめ、ピーター、やめて、ピーター、いけないわ」なんてまるでコントだよ^^;)
私のお気に入りフォーンをやたらと毛嫌いして苛めて楽しんでるし・・・
まあそんなギラムも人間味があっていいですが(笑)

個人的には苦労して読んだ分だけ「ティンカー」の方に思い入れが強いので
こちらは読み易かったけれど、少し軽めに感じてしまった。
[PR]
by hasikkoami | 2012-06-23 09:04 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード