ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <6月第3週>


『唇を閉ざせ』   <WOWOW> ★★★★
    2006年/フランス   【監督】ギョーム・カネ
8年前に殺されたはずの妻から謎のメールが届いたことから始まるサスペンス。
平凡な中年男が愛する妻の為に奔走する、って
『すべて彼女のために』みたいだなぁ、と思ったけれど、こっちの方が先だったのね。


『ハートブレイカー』    <WOWOW> ★★★☆
    2010年/フランス・モナコ  【監督】パスカル・ショメイユ
プロの“別れさせ屋”とターゲットの女性が繰り広げるロマンチック・コメディ。
初めの10分が凄く面白かったので期待したけれど、その後はそれほどでもなかった。
でもまあ、ロマン・デュリスは結構好きなのでそれなりに満足。


『四つのいのち』    <WOWOW> ★★★★☆
    2010年/イタリア/ドイツ/スイス    【監督】ミケランジェロ・フランマルティーノ
大自然の営みの中で、形を変えながら受け継がれていく生命の物語。
台詞無し、音楽無し、ストーリーもまあ無いようなもの。
ヘッドホンで観ていた私に息子が「何で一時停止押したままなの?」と聞くくらい動きのない画面。
それなのに目が釘付けになる。


『赤ずきん』    <WOWOW> ★★★
    2011年/アメリカ/カナダ   【監督】キャサリン・ハードウィック
グリム童話「赤ずきん」に着想を得たファンタスティック・ホラー。
人狼は誰か?と言うミステリー風は面白いと思う。
おどおどしてるルーカス・ハース(ナッシュ@『インセプション』)が可愛い(笑)


『SUPER 8/スーパーエイト』    <WOWOW> ★★☆
    2011年/アメリカ   【監督】J・J・エイブラムス
エンドロールのゾンビ映画が面白かった。・・・以上!
[PR]
by hasikkoami | 2012-06-19 08:44 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami