ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「双頭のバビロン」

d0098286_16385696.jpg
皆川 博子【著】
東京創元社 (2012/04/25 出版)

双子として生まれながら、ある秘密のため、別々の道を歩むゲオルクとユリアン。動乱の1920年代、ハリウッドと上海の2大魔都を舞台に繰り広げられる、壮麗なるグランドオペラ風ミステリ。

前作「開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU」
も440ページがあっと言う間の面白さだったけれど、
今回は上下2段540ページとそれを上回る長編ながら面白さもそれ以上。
美しい装丁とずっしりと手に馴染む重さと共に、読書の醍醐味を堪能した。
[PR]
by hasikkoami | 2012-06-17 16:41 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード