ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『Bleeder』  <UK版DVD>

d0098286_9315664.jpg
1999年 デンマーク
上映時間 98分
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン


個人的に今一番気になる監督、
ニコラス・ウィンディング・レフンの2作目。

キャストはキム・ボドゥニア、マッツ・ミケルセン、
ズラッコ・ブリックの『Pusher』3人衆。


ガールフレンドの妊娠を機に、内に秘めた不満や暴力性を爆発させ、
やがて破滅して行くチンピラ、レオ(キム・ボドゥニア)のストーリーと
キチョ(ズラッコ・ブリック)のビデオショップで働く
内気な青年レニー(マッツ・ミケルセン)の不器用な恋物語が平行して語られる。
この“バイオレンスとロマンスの2本立て ”が『ドライヴ』風味(笑)

d0098286_9333590.jpg


レオも初めは「俺、父親になるんだよね」って満更でもなさそうだったのになぁ・・・
タイトルの『Bleeder』はスラングで(いい意味では使わない)やつ、とか男って意味らしい。
この作品に出てくる男たち皆のことを指しているんだろうな。


人物毎に変わる音楽がそれぞれのキャラクターをよく表しているオープニング。
お客に訊ねられたレニーが立て板に水で古今東西の映画監督の名前を羅列するのも面白い。
途中からキチョも参戦してもはや“山手線ゲーム ”状態(笑)
実はポルノ目当てだったと判った後のレニーのガックリ具合と
キチョの立て板に水ポルノバージョンも最高ww(流石は店長)


映画好きなら思わずニヤリとする小ネタもいっぱい。
何よりレニーのキャラが超ツボ!と言う事で、以下はひたすらレニー語り。

d0098286_9335546.jpg
映画のことしか頭に無く、映画の話しか出来ない映画オタクのレニー。

デリで働くレアに想いを寄せるも、そのアプローチたるやほとんどストーカー。
そんなレニーのことを気持ち悪がらずデートを快諾してくれるレア・・・いい娘だ^^
それなのに、待ち合わせ場所に現れたレアを遠くから眺めてそのまま帰っちゃうレニー
レアから「一番好きな映画は?」と聞かれて『テキサス・チェーンソー』って答えるレニー
※『テキサス・チェーンソー』って2003年の作品じゃん!
したがってこれはオリジナルの『悪魔のいけにえ』(1974年トビー・フーパー監督)の方でした。


でもそんなレニーが何とも愛おしくて・・・だからラストは思わずガッツポーズ!
うん、『アルマゲドン』はデートムービーに最適だと思うぞ^^
で、これが上手く行ったら次は『ワイルド・アット・ハート』(のビデオ鑑賞)に誘うんだ!
こっちは決してデートムービーとは言えないが、彼女は原作読んでるからきっと大丈夫。(な、はず)
間違ってもブルース・リーはやめとけよ(笑)がんばれ、レニー!


<満足度> ★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2012-06-12 09:47 | お茶の間鑑賞 | Comments(2)
Commented by kogarinta at 2016-08-22 17:48
こんにちは。ここなつです。
私もこの作品のオープニング、好きです~。スタイリッシュですよね。
レニーへの応援文、
>うん、『アルマゲドン』はデートムービーに最適だと思うぞ^^
で、これが上手く行ったら次は『ワイルド・アット・ハート』(のビデオ鑑賞)に誘うんだ!
こっちは決してデートムービーとは言えないが、彼女は原作読んでるからきっと大丈夫。(な、はず)
間違ってもブルース・リーはやめとけよ(笑)がんばれ、レニー!
こちら、さいっこーです。
でも、一度すっぽかしたんですよね~。相手はレニーの本当の気持ちを判ってくれるかしら…。
Commented by hasikkoami at 2016-08-25 08:07
★ここなつさん★

コメントありがとうございます。

人物紹介を兼ねたあのオープニング、かっこよかったですよね。

>でも、一度すっぽかしたんですよね~
>相手はレニーの本当の気持ちを判ってくれるかしら…。

ドキュメンタリー映画の『ギャンブラー ニコラス・ウィンディング・レフンの苦悩』を見る限り、
レニーのキャラって完全にレフン監督自身の投影で
レア役のリヴ・コーフィックセンはその後レフン監督と結婚していますから、
きっと大丈夫ですよ!←映画と現実がごっちゃになってます(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami