ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『マシンガン・プリーチャー 』

d0098286_901782.jpg
公式サイト
2011年 アメリカ
上映時間 129分
監督 マーク・フォースター


ただ、救いたい――。

拉致された子ども4万人の命。





アフリカの紛争地域で、ウガンダの反政府武装勢力LRAに拉致された子供たちの救出活動を続ける
実在の活動家、元麻薬売人サム・チルダースの物語。


この作品の良い所は、サム・チルダースを決して英雄として描いていないところだと思う。

d0098286_912583.jpg
信仰に目覚める前のチルダースはそれこそどうしようもない最低人間だし
アフリカで子供たちを救っている時でさえ
正義の名の下に暴力を行使するその姿には狂気すら感じる。


d0098286_912253.jpg
彼にとって唯一の正義とは子供たちを守ること。


d0098286_915286.jpg
その為ならば家族を犠牲にしようが、友人を死に追いやろうがお構いなし。
チルダースに振り回されたドニー(マイケル・シャノン)はホント可哀想だったなぁ。。。;;



そんなチルダースのことをこの映画は肯定もしなければ否定もしない。
エンドロールでサム・チルダース(本人)が観客に投げかける言葉を
私たち一人一人が自らに問いかけること(その答えは簡単には出ないけれど)が大切なのだと思う。



<満足度> ★★★☆

気になる脇役・・・スレイマン・スイ・サヴァネ

d0098286_915373.jpg
チルダースのアフリカでのサポート役、スーダン人民解放軍のデン。
スラリと背が高く、知的で軍人らしからぬ優雅な物腰がやけにセクシー♥
と思ったら元トップ゚モデルだとか。なるほど~。

[PR]
by hasikkoami | 2012-06-07 09:06 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード