ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「いるのいないの 怪談えほん 3」

d0098286_8252965.jpg
京極 夏彦【作】 町田 尚子【絵】 東 雅夫【編】
岩崎書店 (2012/02/10 出版)

おばあさんの古い家で暮らすことになった「ぼく」。ある日、家の梁の上の暗がりを見ていた「ぼく」は、じっと下を見ている男の顔を見つけた。こわくなった「ぼく」は、おばあさんに聞いてみるのだけど…。


(||゜Д゜)ひぃぃぃ  これは怖い。。。(T T)

「怪談えほん」シリーズで初めての“正統派の怪談 ”。
子供の頃読んでいたら確実にトラウマになってるよ。

試し読み
[PR]
by hasikkoami | 2012-04-26 08:28 | 図書館 | Comments(2)
Commented by p_giacomo at 2012-06-24 10:05
猫嫌いの私には、梁の上の顔より猫の多さが不気味で気持ち悪かったです。
Commented by hasikkoami at 2012-06-25 08:44
★p_giacomo さん、
なるほど~そうきますかww
確かに猫嫌いの方にはおばけ以前にこの家が耐えられないでしょうね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。