ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『アーティスト』

d0098286_1041890.jpg
公式サイト
2011年 フランス
上映時間 101分
監督 ミシェル・アザナヴィシウス


温かい涙、溢れ出す愛。

この感動に世界が喝采――




スクリーンで観たサイレント映画と言えば、若い頃名画座で観たチャップリンと
『メトロポリス』のジョルジオ・モロダー版位。
(もっともジョルジオ・モロダー版は効果音が入っているから
厳密にはサイレントとは言えないけれど、それは『アーティスト』も同じ。)
四半世紀(以上)ぶりの感覚に初めは戸惑ったけれど、
すぐにその、色の無い世界、音の無い世界に惹きこまれた。

過剰なまでに情報が与えられ、まるでスクリーンが迫ってくるような今の映画に比べ
これは、見えない色を見ようと、聞こえない音を聴こうと、
自分からスクリーンの中に入って行くような感覚。

夢の中の効果音やラストの息遣いがとても新鮮に感じられ
音が無いことの素晴らしさと、音がある事の素晴らしさ、その両方を感じることが出来る作品だった。


d0098286_10425396.jpg
こんな伊達男を演じられる男優さんがまだいたのねぇ。


d0098286_105457.jpg
ハリウッドの完璧にお直しされた歯並びと違って
ヨーロッパの俳優さんたちには自然のままの人も多いけれど
ジャン・デュジャルダンの八重歯もとってもチャーミング♥

ところでペピー(ベレニス・ベジョ)のやってることって
今だったら完璧にストーカー行為なのでは?(爆)


d0098286_10432455.jpg
この子の芸達者ぶりも、もうお見事としか言いようがない!


d0098286_10434963.jpg
そしてそして・・・クリフトーーーーン!
も~大好きなのよ~!ジェームズ・クロムウェル♥
201cmの長身を屈めてお料理する姿に萌えまくったわよ(爆)
70歳を超えて尚、軽々とジョージを担ぐ姿にも惚れ惚れ♥



<満足度>  ★★★★★         
[PR]
by hasikkoami | 2012-04-23 11:01 | 映画館 | Comments(2)
Commented by mariyon at 2012-04-23 17:00 x
まさしく伊達男(笑) 昔のトーキー映画から出てきたようなかっこよさでした。こんな映画ばかりだったら、もちろんいやですが、この映画の持つ意味はすごく大きくって、原点に返って楽しむことができました。
Commented by hasikkoami at 2012-04-24 08:37
★mariyonさん、
グレー大好きの私ですが、さすがにこういうのばっかりってのも困ります(笑)。

>この映画の持つ意味はすごく大きくって
本当にそうですね。
今この時代じゃなければ、この作品がアカデミー賞を獲ることも無かったのではないか、とすら思います。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami